Microsoftが「Cortana」と「Amazon Alexa」の連携デモンストレーションを実施

coltanaとamazonalexa

マイクロソフトの音声AIアシスタント「Cortana(コルタナ)」とAmazonの「Alexa(アレクサ)」が連携され相互で利用可能になるという報道が去年8月にありましたが、進展があったようです。

米Microsoftは、5月7日(月)に行われた開発者会議「Build 2018」にてAmazon AlexaとCortanaの連携のデモンストレーションを実施しました。

Microsoft Build2018

Microsoftのcortanaジェネラルマネージのミーガン・サンダース氏(画像右)と、Amazon.comの上級副社長であるトム・テイラー氏(画像左)が登壇しデモンストレーションを開始します。

Microsoft Build2018

まずは、ミーガン・サンダース氏(以下サンダース氏)がAmazon EchoからCortanaを起動させるデモンストレーションです。

サンダース氏はAmazon Echoに『Alexa, Open Cortana』と話しかけるとCortanaが起動します。コルタナはMicrosoftの音声AIアシスタントであるためビジネス面で活躍し、試しに『Cortana、トムに、今夜会いましょうってメール送って』と話しかけると『はい、分かりました。トムにメールを送信します。』とCortanaが反応しました。

このように、Amazon EchoからでもCortanaを呼び出してメールを送ったりなど独自の機能を利用することができます。

Microsoft Build2018

続いては、Amazon.comのトム・テイラー氏(以下トム氏)がMicrosoftのWindows搭載のノートPCでデモンストレーションを行います。

ノートPCに『Hey Cortana,open Alexa』と話しかけると、

Microsoft Build2018

cortanaが起動し、『You are talking to Alexa』と表示されAlexaに繋がったことが分かります。

トム氏は続けて、『タクシーを呼んで』や『ライトを消して』と話しかけてPCの隣に置いているライトを消すなどを行いました。これはAlexaで利用できる機能ですね。

このようにして、AlexaではCortanaの機能を、CortanaではAlexaの機能をそれぞれデモンストレーションを行い、連携させることができています。

このように、AmazonとMicrosoftのパートナーシップは音声AIアシスタントとしての機能を増やすだけではなく、デスクトップでも使えることから利用するユーザーが増えるのではないでしょうか。

Amazonにとっては、
・ミーティングの予約
・勤務先のカレンダー情報へアクセス
・ビジネスメールの作成及び送信
などのCortanaの生産性をあげる機能を使うことができ、

Microsoftにとっては、
・スマートホームのコントロール
・Alexaの4万以上のスキルが使える
・Amazonで買い物
などのAlexaのユーザーベースを使うことができ、

両者はビジネス上ではライバルではありますが、このようにAIアシスタントが流行るためにパートナーシップは、ユーザーにとって良い体験を提供してくれるようになるのではないでしょうか。

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

家電操作おすすめ記事

コメントを残す