新モデルEchoシリーズ

勝手に掃除してくれる挙句に部屋を綺麗に保ってくれるIoTライフハック

掃除って好き嫌いが分かれますよね。ちなみに私は嫌いなのですが、そんな人に便利と言われて世に出たのが、ご存じお掃除ロボット。

ルンバシリーズに代表されますが、今ではもっと低価格な製品もたくさん出ています。

弊社でも使っているお掃除ロボット。いえ、正確には使ってい「た」ですね。

お掃除ロボット

スマホアプリで管理し、自動で掃除をし、掃除のルートがアプリに記録されるのという優れもの。

会社内を掃除してくれるのですが、いつも出勤するとまずこいつを探すことから1日が始まります。

いつもどこかに入り込んで出られず、そのまま息絶える愛すべきバカなのです、かわいい。

導入してよかったこと
こいつのために床に物を置かない習慣ができる
結果部屋自体に物が減る
部屋が綺麗に保たれる

つまり、お掃除ロボットはロボット自体の掃除機能じゃなく、モノを床に置かない習慣を作らせるためのガジェットだったんです!

通常機能を駆使し、人間の習慣を変えるロボット。

お掃除ロボットの中でも、ルンバや日立のminimaruはAlexaやGoogleアシスタントにも対応し、CMのように声で掃除をしてくれます。(どうせ買うならそっちがいい)

ちなみに会社で使わなくなった理由は、「毎朝探して定位置に戻すのがめんどくさい」です。

この記事で紹介した商品はこちら

ルンバ891
スマートガジェットルンバ891