新モデルEchoシリーズ

ゴミ出しの曜日と種類を事前通知で出し忘れ予防!簡単なIoTライフハック

可燃ごみならまだしも、月一や隔週の不燃ごみやビン缶、ペットボトルなどはどうしても収集日を忘れてしまいがちです。

かといって自治体のゴミカレンダーを見える場所に貼るのもちょっと嫌だな、っていう人。

大丈夫、完全に予防できる簡単なライフハックありますよ!

ちなみに1つ目が声で確認できるかっこいい系、2つ目がスマホひとつでできる確実系です。これを書いてる私個人は1つ目を採用しています。理由は後述。

1.Amazon Echo+「今日のゴミ出し」スキル

実際に採用している方法。Amazon Echoの、「今日のゴミ出し」というスキルを活用します。スキルについてやスキルの使い方については以下の記事を参考にどうぞ。

で、オススメするスキル、今日のゴミ出し。

「アレクサ、今日のゴミ出しで予定を教えて」

と話しかけると、事前に登録したゴミ出し予定に従い、今日出せるゴミ(燃えるゴミなのかビン・缶なのか不燃ごみなのか等)をお知らせしてくれます。

「今日」以外にも「明日」「明後日」や「水曜日」などの曜日を指定することで、目的の日のゴミ出し予定を確認できる上に、「アレクサ、今日のゴミ出しで予定を教えて」と言えば、いちいちスキルを開かずに一回でその日に出せるゴミを確認することができるのもミソ。

今日のゴミ出し 今日のゴミ出し

事前登録は簡単。Alexaアプリの「スキル」→「今日のゴミ出しで検索」→有効化→あとは「アカウントリンク」を行うと、上画像のように簡単に登録することができます。

今日のゴミ出し

登録も特に迷うところなく進みます。燃えるゴミの次は、「ごみの種類を追加」を押し、他のゴミを追加しましょう。

今日のゴミ出し

全てのゴミを追加したら、登録を押すと完了。

1度登録しておくと、あとはAlexaに聞くだけ。ゴミ出し、特に不燃物やリサイクルっていつも忘れてその都度自治体のHPで確認しなきゃいけないのが絶妙に面倒ですが、これなら5秒で終わります。

デメリットは、能動的に通知してくれないところ。聞くのが簡単なのでいいですが、欲を言えばアレクサが自分から朝教えてほしいですね。

スマートスピーカーは実に便利です!

2.Googleカレンダーを活用する

2つ目の方法はこれ。Googleカレンダーの予定を入れ、通知をONにしておくことです。

Google カレンダー 隔週 Google カレンダー 隔週

カレンダーに予定を入れる際、詳細設定で「繰り返し」「通知」の項目をカスタマイズすればOK。

隔週や月一の設定もできるので、問題ありませんし、スマホひとつでできるのも利点ですね。通知もくれるし。

デメリットは、Googleカレンダーを日常的に使ってる人は、ゴミ出しの予定が出るのがウザったいことです。2枚目の画像の右画像のように、ゴミだしの予定で結構埋め尽くされます。私はこれが嫌なのでこの方法は使っていませんが、人次第なので気にならない人はこっちのほうが便利かも、ですね。

この記事で紹介した商品はこちら

Amazon Echo Spot
スマートスピーカーAmazon Echo Spot
Amazon Echo Dot
スマートスピーカーAmazon Echo Dot
Amazon Echo Plus
スマートスピーカーAmazon Echo Plus