smartio-store

パリピ専用?重低音重視のスマートスピーカーがSONYから発売

2018.9.20

10月6日よりSONYから第2弾となるスマートスピーカー「SRS-XB501G」が発売されます。そのスピーカーがこちらです。

SONY

なんだこのスマートスピーカー…最初見た時は正直そう思いました。

こちらのスマートスピーカーは従来モデルの「LF-S50G」と同様に、Google アシスタントが搭載されています。上画像でも「EXTRA BASS」と書いているのでなんとなく想像できるかと思いますが、重低音に特化。

45mm口径のフルレンジスピーカーを2基搭載しているだけでは無く、125mmのサブウーファーが搭載されています。そのため、大音量で迫力のある重低音を楽しむことが可能に。特にHIPHOPやEDMを良く聴くかたには大好物のスピーカーかもしれませんね。(なのでパリピ専用?とタイトルに入れ込みました…)

それだけではありません!

SONY

スピーカー筐体全面には、ストロボフラッシュ・ラインライト・スピーカーライトと3種類のライトが音楽に合わせて動き、場を盛り上げてくれます。まさにパーティーです。これまでには無かったタイプのスマートスピーカーなのでびっくりしました(笑)

最長16時間も再生ができるバッテリー内蔵

SONY

SONY SRS-XB501Gには最長で16時間の音楽再生ができるバッテリーが内蔵されています。そのため、キャンプやバーベキュー、海など様々なシチュエーション時に活躍!スピーカー筐体後部には取っ手があるので持ち運びが簡単です。(ただし重量は3.1kgあります)

更には、三脚に取り付けてスタンドスピーカーのようにして利用することもできます!

1/4インチ(ネジの長さ12mm以下)に対応しており、耐荷重5kg以上のものをご使用ください[引用]

とのことです。

アウトドアに万全なIP65仕様

SONY

防水・防塵性能はIP65となっています。

防水性能は多方向から水を浴びても問題が無いレベルで、防塵性能は本体内部まで粉塵が入らないように設計されています。そのため、プールサイドや海、キャンプ中の突然の雨などでも問題はありません。

このように、重低音だけではなくバッテリーが内蔵されていたり、アウトドアに安心の防水性能がついていたりと他の機能も備わっています。もちろんGoogleアシスタント搭載なので、天気を聴いたり、音楽を流したり、ニュースを聴いたりと利用することが可能。

発売は10月6日(土)となっており、価格は37,670円となっています。これを持って遊びに行けば、あなたもワンランク上のパリピになれるかも!?

注目今1番オススメする記事

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




おすすめ家電操作方法