新モデルEchoシリーズ

ペンで囲んだ部分をスマホでスクラップ!「CUTPEN」を使ってみた!

2019.6.7

新聞や雑誌など、フィジカルな媒体資料をデータとして保存するとき、多くの人がスマホで写真を撮りますよね?その時にちょっとひと手間加えるだけで、よりきれいなデータとして残せるガジェットがあるのです。

それがこれ。CUTPEN(カットペン)。ペンで囲んだ部分をスマホでスクラップできるガジェットです。

CUTPEN(カットペン)

CUTPEN(カットペン)の使い方

CUTPENのパッケージ版には、ペンとシリアルナンバーが記載された説明書のみが入っています。使用手順は以下。

  • 「CUTPEN」アプリをインストール
  • シリアルナンバーを入力する
  • いざスクラップ

アカウント登録もWi-Fi接続も不要なので、めっちゃ簡単でした。

CUTPEN(カットペン)

この画像の、「IDを設定」のところでシリアルナンバーを打ち込めます。

CUTPEN(カットペン)

シリアルナンバーは説明書に書いてあります。

CUTPEN(カットペン)

あとは、スクラップしたい場所を赤線で囲んで、

CUTPEN(カットペン)

アプリで読みとれば・・・

CUTPEN(カットペン)

保存できます!

CUTPEN(カットペン)

読み取った画像を右にスワイプすると、AI機能が文字を認識、重要キーワードを抽出し、WEBから関連情報を表示してくれます。今回は、アメリカのねじれ議会に関するニュースでした!ばっちり!

別にパッケージ版に入っている専用ペンじゃなくても、赤線なら読み取ってくれますが、専用ペンは、引きやすく、にじまず、濃い線を書ける事が特徴なので、CUTPENの高い認識率を実現させます。

こんなことにも使える!

CUTPEN(カットペン)

子どもが描いたかわいい落書きも・・・

CUTPEN(カットペン)

こうやって・・・

CUTPEN(カットペン)

こう!

CUTPEN(カットペン)

市役所からの重要書類の提出期限も・・・

CUTPEN(カットペン)

こう!

気持ちよささえ覚えます。

公式サイトに使用イメージ動画があったので、動作が気になる方はご覧ください。

この記事で紹介した商品はこちら