smartio3d

「Pechat(ペチャット)」で、ぬいぐるみと話せるようにしたら、1歳半児が歓喜した

2019.6.6

ぬいぐるみにつけるボタン型スピーカー「Pechat(ペチャット)」。我が家は1歳半の子どもがいるので、どのくらい喜んでくれるか試してみました。

ちなみに、ペチャットを取り付けるのはいつも遊んでいるこのぬいぐるみ。

Pechat(ペチャット)

ペチャットは、専用アプリを操作することで、ぬいぐるみを通して子どもとおしゃべりすることができます。接続はBluetoothなので簡単です。

Pechat(ペチャット)の設定と取付

ペチャットは直径3cmくらい。パッケージの中には、本体と充電ケーブルと説明書。

Pechat(ペチャット) Pechat(ペチャット)

本体の裏側に紐を通せる穴がついているので、私の場合はそこに糸を通してぬいぐるみに結びました。ぬいぐるみの中に入れてしまおうかとも思いましたが、電源ボタンを押せなくなるので外付けがベターです。

Pechat(ペチャット)

こんな感じに。黄色がポップでかわいい。

設定は、まずアプリを落とします。(Appストアで「Pechat」と検索すれば出てきます。)

アプリには英語版もあり、英語の学習にも使えるという優秀ぶりが伺えます。日本語でひととおり遊んだら、英語版にシフトしてみようかなと思います。

Pechat(ペチャット)

最初にも言いましたが、設定はBluetoothなので超楽チンです。アプリを起動したら、ボタンの電源を入れて接続するだけ。

Pechat(ペチャット)

子どもの名前を入力すれば、ペチャットが名前で呼んでくれるようになります。

さらに、声の高さや速度なんかも選べます。

これで設定は終わりです。さて、どんな機能があるんでしょうか?

Pechat(ペチャット)ができること

Pechat(ペチャット)

ベーシックなセリフやあいさつはもちろん、食べない・寝ない・お風呂にはいらないなど、困った時用のセリフもプリセットされています。

この画像の6倍くらいのセリフやシチュエーションが用意されていますので、ほぼほぼどんな状況にも対応できるんじゃないでしょうか?

Pechat(ペチャット)

文字で入力したセリフを、ペチャットがかわいく読み上げたり、歌を歌ってくれたり、童話を読んでくれたり。話しかけた言葉をペチャットは真似することもできました!すごい!

画像右の赤ちゃんモードでは、泣きやみ・おやすみ音楽を収録し、泣き声検知機能も搭載。泣き声や物音を検知すると、スマホに通知をくれるんです。最高。

ほかにも、本当にめっちゃたくさん機能があるんで、もっと詳しく見たい方はペチャットの公式をご覧ください。

Pechat(ペチャット)と子どもが遊ぶ様子

Pechat(ペチャット)

大興奮!

気に入りすぎて、こちらはスマホが手放せなくなります。ずっとおしゃべりしなきゃいけません。

1歳半でまだ喋れないので、会話ができるようになるともっと遊べますね。

開発者にありがとうと言いたいです。これぞIoTの力ですね!

この記事で紹介した商品はこちら

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

どのスピーカーがいいのか悩んでる方...

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




おすすめの家電操作