smartio.3Dの使い方ガイド|スマートホームを疑似体験

smartioが提供するスマートホーム疑似体験サービス「smartio.3D」の使い方のガイドです。

smartio.3Dは、スマートスピーカーやスマートデバイスの動作を疑似空間の中で3Dにて確認できるというもの。家電の操作、セキュリティカメラ、施錠、ビデオ通話など、さまざまなことがブラウザの中で行えます。

早速、使い方と流れについて説明します。

はじめかた

smartio.3Dの使い方

TOP画面からセットするデバイスをカスタムできます。そのままスタートすると、デフォルトでセットされている4種のスマートデバイス(Amazon Echo Show、スマートリモコンNature Remo、スマートロックQrio、スマートプラグTP-link)でスタートします。

カスタマイズの方法

TOP画面で「CUSTOM」を選択すると、まずやりたいこと(=スマート化したいこと)を選ぶことができます。

smartio.3Dの使い方

その後、その動作においてスマートスピーカーを使うかを決定します。(デバイスによってはどの音声アシスタントにも対応していないものも存在します)

smartio.3Dの使い方 smartio.3Dの使い方 smartio.3Dの使い方
  • スマートスピーカーの有無
  • 音声アシスタントの種類
  • スマートスピーカーのディスプレイの有無

を選択します。

スマートスピーカーの有無を選んだら、スマートデバイスを選びます。ここは、最初にえらんだやりたいことに対応したものが表示されます。後ほど再カスタマイズも可能です。

smartio.3Dの使い方
  • スマート化したいこと
  • 使うスマートデバイス

を選択すれば完了です。「体験スタート」を押せば3D体験ができます。

メニューの使用と追加カスタマイズ

smartio.3Dの使い方

カスタム画面左上のMENUから、スマートデバイスの選びなおしや追加ができます。

smartio.3Dの使い方

MENUを開くとカテゴリーが並ぶので、その中から選びなおしたい項目を選ぶだけ。項目は結構細かく分かれているので、ここを見るだけでも家の中のスマート化できる場所がイメージできるようになっています。

さらに、選んでいるデバイスでできることも表示されているので若りやすいですね!

なお、スマートデバイスは当然複数設置可能ですが、同じカテゴリーは1種だけしか選択できません。例えばスマートリモコンを複数(Nature RemoとeRemoteを選ぶなど)は不可能です。

smartio.3Dの使い方 smartio.3Dの使い方

あとは体験スタートを押すと家に入れます。画面中、赤丸のアイコンをタップすると操作画面に続きます。赤丸アイコンは、セットしているデバイスでできることしか表示されません。

smartio.3Dの使い方 smartio.3Dの使い方

家画面で右側のMENUを開くと、今セットしているデバイスを確認できます。もちろん、ここからカスタマイズすることも可能です。

デバイス右の「詳しく知る」を押すと、そのデバイスの詳細情報を見ることができるので、気になったものがあればチェックしてみてください!

smartio.3Dの使い方

また、デバイスを保留状態にもできます。これはデバイス横の×を押すと実行できます。保留状態にすると「選択している商品でできること」の欄が変化します。どのデバイスで何ができるかを知りたい時に使える機能です。

なお、保留の状態のまま体験をスタートした場合は、デバイスはセット状態になっています。

スマート化をご検討の方、ただ遊んでみたい方、スマートホームに眉唾な方。いろんな方に使っていただきたいと思っております。「こんなことまでできるんだ!」と思っていただければ幸いです!

さあ、体験しよう!

3Dでスマートホームを体験しよう

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中