Alexaスキル開発!外部データベース連携のメリットとは?

Alexaスキル開発!外部データベース連携のメリットとは?

どうも、Smartio開発部研究員のシバトウです。

Smartio開発部が開発したAlexaスキル「アリさん解体新書」公開中です!!皆さん、ぜひ使ってみてください。アリさん解体新書の使い方については、以下の記事を読んでみてくださいね!

今回は次のスキルを開発する前に、応答対話以外にどのような改良ができるか考えていきます!

次のスキル作成に向けた目標!

次のスキル開発は、何かを「+1」した新しいスキルを出したい!アリさん解体新書のような対話応答のスキルをどんどん改良して、より良いスキルの開発を進めたいと考えています。

この「+1」を繰り返すことで、きっと最強なスキルができあがるはずです。まず今回はスキル内で利用するデータの扱いを簡単にするため、「外部データベースとの連携」の準備をしていくことにします。

1.外部データベースとの連携とは?

外部データベースのサービス例

さて、ここでAlexaスキルの処理を分類してみると「ユーザーの音声(質問)を受け取る」、「音声を文字起こし(テキスト化)する」、「条件に一致するデータ(応答)を用意する」という3つに分けることができます。

ここでいう外部データベースは、スキル外に用意したデータベースのことを指します。

通常Alexaスキルでは、質問のパターンが増えるごとに分岐が増えていきます。当然その分岐に応じて応答データを用意する必要が出てくるので、管理が面倒になるんですよね…。

この状況は言ってしまえば、床の上に服がどんどん敷き詰められていく状態。目当ての服がどこにあるか、一目で分からなくなってしまうんです。

応答に使うデータを簡単に扱うことができる!

データベースはタンスのようなイメージ

このような状況を改善する方法の1つが、スキル外にあるデータベースとの連携!先ほどの例えで言えば、床に散らかった服をタンスの中に片づけていくイメージですね。きれいに分類して服をしまっておけば、簡単に目的の服を探せるようになるというもの!

これは応答データでも、同じことが言えますね。データベースの中に応答データを入れておけば、必要な時に簡単に呼び出すことができるというわけです。

既存サービスのスキル化も可能!

すき家やスシローのスキル

また、既に外部のデータベースで運用しているデータをAlexaスキルのために利用することもできます!これは、すき家やスシローの注文スキルの例が分かりやすいですね。

かの有名なスキルたちは、既存のメニューや予約・お持ち帰りのシステムをAlexaスキルから使えるようにしています。外部で展開しているサービスを上手い具合にAlexaスキルに落とし込んでいるんですね。

2.外部サービスとの連携に利点あり!

今回は次のスキル開発の準備段階として、Alexaスキルとデータベースを連携させる利点について持論を紹介しました。スキル自体の改良につながるだけではなく、外部のサービスを持ち込んだ新しいスキルの作成だって可能なわけです。

次回は、実際に外部データベースと連携していく方法について分かりやすく紹介していきますね!それでは皆さん、次回更新をお楽しみに!

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

家電操作おすすめ記事