Invocableがマルチモーダルエディターをリリース!ShowやSpotなど画面付き対応スキル開発が可能に!

invocable-multi-modal-apl-開発

昨日の夜Invocableから、「Echo ShowやSpotなど画面付き端末のスキル開発ツールを発表する」とメールが来ました!

プレスリリースはこちら:Invocable Release Notes

なので、さっそく簡単なテストでも作ってみましょう!Invocableへログインします。

画面付き端末のための「Visuals」項目

invocable-multi-modal-apl-開発

Invocableのサイトから、新規スキルを作成していきましょう。

invocable-multi-modal-apl-開発

開発画面に移動したところです。通常のWelcome、Help、とStopブロックが配置されています。

invocable-multi-modal-apl-開発

Welcomeブロックをクリックすると、左上に新しく「Visuals」という項目ができています!

invocable-multi-modal-apl-開発

Helpブロックも同じく「Visuals」の項目があることが確認できます。

invocable-multi-modal-apl-開発

そして、もちろんStopブロックにも(以下略)!

画面付き端末へ背景画像を入れてみよう

invocable-multi-modal-apl-開発

では、Welcomeブロックの「Visuals」をクリックしてShowやSpotスキルの背景に画像を入れていきましょう。

invocable-multi-modal-apl-開発

まずは一番目のCustom Layoutを選択し、Continueをクリックします。

invocable-multi-modal-apl-開発

次にEcho Showの1024 x 600スクリーンサイズを選択し、画像アップロードボタンをクリックします。

invocable-multi-modal-apl-開発

適当な画像をアップします!ちなみにこちらは平昌オリンピックのスノーボード金メダリスト、ショーンホワイトさんです!

invocable-multi-modal-apl-開発

画像をクリックすると、右側のツールボックスが出てきます。このツールボックスから細かい調整を行うことができます。調整できるものは、以下の通り。

  • 画像のWidthとHeightの調整
  • ボーダー枠の調整
  • 画像透明度調整
  • オーバーレイ調整
  • タッチ機能(後でご説明します)

発話に応じて画像を切り替える

invocable-multi-modal-apl-開発

では、メイン画面に戻り、Welcomeブロックに、Alexa発話に「ショーンホワイト好きですか?」を追加。そして、User発話には 「好きです」と「普通」を追加します。

invocable-multi-modal-apl-開発

「好きです」ブロックと「普通」ブロックも作成できたら画像のようになります。それでは、好きですブロックをクリックして「Visuals」を追加してみましょう。

invocable-multi-modal-apl-開発

好きですブロックで切り替えるための画像をアップします。

invocable-multi-modal-apl-開発

メイン画面に戻り、普通ブロックの方も同様に「Visuals」から画像を追加しましょう。

invocable-multi-modal-apl-開発

普通ブロックには、この悲しそうな画像を使います。ここまででテストスキルは完成です!

スキルのアップロードとテスト

invocable-multi-modal-apl-開発

メイン画面から「Upload to Alexa」ボタンをクリックし、スキルのアップロードを行います。

では、早速デベロッパーコンソールのテスト項目からアップロードしたスキルを試してみましょう。

アレクサ、画面テストを開いて
画面テストスキルへようこそ!ショーンホワイト好きですか?
invocable-multi-modal-apl-開発

すごい!ショーンホワイトがちゃんと表示された!

好きです
invocable-multi-modal-apl-開発

ちゃんと「好きです」ブロックに指定したNiceの画像になっています!次は、普通ブロックのパターンをテストします。

アレクサ、画面テストを開いて
画面テストスキルへようこそ!ショーンホワイト好きですか?
普通
invocable-multi-modal-apl-開発

「そっか。。。」と、ちゃんと悲しそうな顔をした画像が表示されました!Invocableで作成したスキルは完ぺきに動作しました!

Invocableのマルチモーダル対応、本当にすごかった!

タッチの処理も実装できる

そして今回のマルチモーダル対応で驚くのは、それだけではありません。なんと画面付き端末をタッチした時の処理を設定できるんです!

invocable-multi-modal-apl-開発

まずは画面の左上にある正方形アイコンをクリックし、画面にタッチできる部分を設定していきます。

invocable-multi-modal-apl-開発

ユーザーが「好き」をタッチできるよう、有効な領域をドラッグして設定します。右側のツールボックスで領域の調整ができます。

invocable-multi-modal-apl-開発

そして最後に、右側のツールボックスにあるTOUCH INTERACTIONのメニューから「好きです」ブロックを選択すれば完成です!

超簡単ですね!

invocable-multi-modal-apl-開発

先程はCustom Layoutを選択したのですが、レイアウトを自由にコーディングできる「Custom APL Code」という選択肢も用意されています!

invocable-multi-modal-apl-開発

Custom APL Codeでは、コーディング画面で自由にレイアウト編集を行うことが可能です!

画面サイズごとにレイアウトが調整できるAPLでのスキル開発ツールが公開されたことで、Invocableがさらに使いやすいツールになりましたね!

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

どのスピーカーがいいのか悩んでる方...

Smartio-store

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索