VoiceflowがAPL対応スキルも制作可能に!更にカード対応、スキル内決済も

voiceflowカード APL スキル内課金

コーディング無しでAlexaスキルが開発できるツールVoiceflow社長Bradenさんが新しく資金調達をしたことを、1月8日にFacebook投稿にて発表しました!今回は、大手ProductHuntの創業者が作ったWeekend Fundからの投資となります。

おめでとうございます!最近波に乗っていますね。ファンド会社ポートフォリオはこちら:The Weekend Fund

そんな波に乗っているVoiceflowは最近プラットフォームに新しい機能を追加もしています。今回は、簡単に新機能に関して紹介しましょう!

APL対応

では、Voiceflow最近リリースしたものを紹介します!まずは、今後普及しそうな一つの機能として、APL(画面付き端末)を対応に。これでAmazon Echo SpotやShowなどのデバイス向けのスキルも開発できますね。

voiceflowカード APL スキル内課金

「Display」ブロックを画面にドラッグアンドドロップし、AmazonのAPL機能に繋ぎます。

voiceflowカード APL スキル内課金

Alexaデベロッパーコンソールが開くので、既存のテンプレートを選択したり、ゼロから自分の好きなテンプレートを作成することができます。

voiceflowカード APL スキル内課金

既存のテンプレートを選択した場合は、ディスプレーの内容を変更することが可能です。

アプリカード対応

次、カード機能です!ユーザーのAlexaアプリに表示されるカードが作成できます!

voiceflowカード APL スキル内課金

「Card」ブロックを使用する場合、右側2つの選択肢があります。

  • 「Add File」 - 好きな画像をアップロードする
  • 「URL」 - ユーザーにクリックできるリンクを提供する

以上の設定をするとAlexaアプリへカードが表示されるようになります!

スキル内決済サービス

そして、とうとうスキル内決済サービス機能が来週公開するみたいです!(※現在アメリカ向けのみ)

voiceflowカード APL スキル内課金

「Payment」ブロックを使用すると、ユーザーが商品やサービスを購入することができる決済が可能になります。

voiceflowカード APL スキル内課金

商品やサービスの詳しい設定ができます。こちらは、Voiceflow創業者のMikeさんがデモした旅行プランの値段設定です。アイスランドまで$399?!?安い!行きたい!すぐに予約したい!

Voiceflowは現在7-8人のチームで良いサービスを提供し、どんどん新しい機能も追加しているので、みなさんぜひ素晴らしいスキルを作っていきましょう!

注目今1番オススメする記事

ボイスロボプロジェクト

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

どのスピーカーがいいのか悩んでる方...

Smartio-store

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索