スマートスピーカーで外部スピーカーとBluetooth接続する方法

スマートスピーカーの音質はピンキリであります。特に小さいサイズのものだと少し物足りないという方がいると思いますが、外部スピーカーとBluetooth接続をすることで、これをクリアすることができます。

外部スピーカーとの連携

すでに家にこだわりのオーディオを持っているという方は、ぜひやってみてください。

複数端末を同期できる音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova

外部Bluetooth接続は全音声アシスタントで可能です。

スマートスピーカーののBluetooth接続でできること

外部スピーカーとの連携
スマートスピーカーがあればできること
その1高音質のオーディオに音声アシスタントをつける

スマートスピーカーのBluetooth接続でできること

Bluetooth接続

できることその1高音質オーディオを音声アシスタント対応に

各音声アシスタントを搭載したスマートスピーカーは、Bluetooth機能がついている他のスピーカーと連携して音楽を流す事ができます。

やり方は基本的に簡単ですが、音声アシスタントによって違いがあるので、以下の記事を参考にしてください。

これをやることで、高音質のオーディオに音声アシスタントを搭載させることができます。

活用シーン

  • スマートサラウンド

    サラウンドシステムと接続し、立体音響スマートルームにする

  • 高音質で音楽鑑賞

    毎日大迫力かつ手軽に音楽を聴く

smartioが選ぶBluetooth接続の定番アイテム

Amazon Echo Input
搭載音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri
Amazon Echo Inputが定番の理由
POINT.1Bluetoothでもケーブルでも接続可能
POINT.23,000円を切る最安価格

POINT.1Bluetoothでもケーブルでも接続可能

実際にEcho Inputを外部オーディオとつないでいるのが上の動画です。

Echo Inputは、単体ではスピーカーとして機能しませんが、Bluetoothと付属の3.5mmオーディオケーブルで別のスピーカーに接続して使用できます。

お持ちのスピーカーがBluetoothに対応していなくてもケーブルでつなげるのは心強いですね。現在(2020年1月)、ケーブルで接続できるのはこのEcho Inputだけです。

POINT.23,000円を切る最安価格

Amazon Echo input

なんといっても魅力はその手軽さ。2000円台で購入できるのは最高ですね。

もちろんEcho Inputに話しかければ、他のEchoシリーズ同様に、天気、ニュース、時計、音楽、家電など簡単操作可能。(ただし、BluetoothでEcho Inputを接続する場合、音声通話および呼びかけ機能は使えない)

smartioだったらこういうふうに使う

サラウンドシステム

音楽鑑賞専用にEcho Inputを買い、サラウンドシステムに接続。これで、ソファに座ったまま声で聴きたい音楽を発するだけのスマートサラウンドルームが完成します。

Bluetooth接続するならこれ Amazon Echo Input

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中