EchoDot+SwitchBotセール

スマートスピーカーに本の読み聞かせをしてもらう方法

スマートスピーカーはたくさんの機能があり、そのいくつかが子どもの遊び相手として抜群に便利なのです。ここでは、子どもの相手となってくれる使い方を紹介します。

スマートスピーカーに本の読み聞かせをしてもらう

スマートスピーカーで子どもの遊び相手になってもらう
スマートスピーカーがあればできること
その1自分の代わりに子どもに読み聞かせをしてもらえる
その2電子書籍(Kindle)を音読してもらえる

本の朗読はすべてのスマートスピーカー/音声アシスタントについていますが、使い勝手がいいのはAlexaとClova。活用は工夫次第なところもあり、向き不向きはあります。

スマートスピーカーでできる読み聞かせ術

できる読み聞かせ術

できることその1子どもに読み聞かせをしてもらえる

1番の活用法は、子どもへの絵本の読み聞かせ。国内外の童話をスマートスピーカーに読んでもらえます。

ディスプレイ付きのデバイスだと、挿絵が表示されるものもあります。

できる読み聞かせ術

できることその2電子書籍を読んでもらえる

なにも子ども向けコンテンツのみではありません。Amazon Alexaでは、Kindleの電子書籍を読んでもらうこともできるのです。

家事の最中、手を動かしながら本の世界に入ることだってできますね。

活用シーン

  • 音読中に寝落ち

    朗読してもらいながらそのまま寝落ちしてもOK

  • 子どもと一緒に聞く

    子どもと一緒に聞いてコミュニケーションを

smartioが選ぶ絵本読み聞かせの定番アイテム

Clova Desk
搭載音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri
Clova Deskが定番の理由
POINT.1自然な発音で読み聞かせてくれる
POINT.2ディスプレイ付きなので目でも確認できる

POINT.1自然な発音で読み聞かせてくれる

Clova Deskがおすすめのポイント1

LINE Clovaでは、日本の昔話と世界の童話、全50種類のお話が再生できます!子供の毎晩の読み聞かせや、お昼寝時など、子供に構えない時にとても便利です!

しかも、物語毎に男性女性に分けてきちんと人の声が入っており、コンピューターの朗読とは全く違います。かなり自然な読み聞かせになっています。

POINT.2ディスプレイ付きなので目でも確認できる

Clova Deskがおすすめのポイント2

絵本の内容をディスプレイ上で確認できるというのもClova Deskの魅力です。見えるほうが子どもももちろん喜ぶので、ディスプレイがあるのは大きなメリットと言えます。

なお、ディスプレイが必要無いという方は、Clova Friendsシリーズでも同様に本の読み聞かせができるため、そちらを選ぶのもアリです。

LINE Clova Friends
スマートスピーカーLINE Clova Friends
Clova Friends Mini
スマートスピーカーClova Friends Mini

smartioだったらこういうふうにClova Deskを使う

TVの代わりに
絵本の朗読やAbemaTVのアニメチャンネルなど、子どもにテレビではなくClova Deskを見せるのもアリです!
本を読んでもらうならこれ ClovaDesk

特集スマート化を始めるなら見ておきたい記事

注目今1番オススメする記事