EchoDot+SwitchBotセール

スマートスピーカーで家族や友達とビデオ通話や電話をする活用法

スマートスピーカーを使えば簡単になおかつ無料で、遠く離れたところに住む両親・家族や、恋人・友達とも気軽に「ビデオ通話/電話」ができるようになります。

電話をかけるデバイス=スマホという常識は変わり、スマートスピーカーを使えばハンズフリーで会話ができますし、通話中にスマホを自由に使うことも可能に。長電話をしても楽ですし、ディスプレイ付きデバイスであれば顔を見ながら話すこともできます。

スマートスピーカーさえあれば気軽にビデオ通話や電話がかけられるように

スマートリモコンで家電を音声操作できる
スマートスピーカーの電話機能でできること
その1ディスプレイ付きデバイスなら顔を見ながらビデオ通話ができる
その2スマホを持っていない子供でも両親に連絡をとりやすい
電話機能が使える音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri

現在は日本で主要なスマートスピーカーに搭載されている音声アシスタントであれば基本的に電話ができるようになっています(ただ一部デバイスでは電話機能が使えないものもあるので要注意です)

スマートスピーカーで電話をかける時に必要なのが「連絡先」ですが、Alexa/Siriはスマートフォンの連絡先アプリと同期、GoogleはGoogle Duoと同期、LINE ClovaはLINEアプリの連絡先アプリと同期する必要があります。

スマートリモコンの仕組み
家電の音声操作に必要なアイテム
スマートスピーカー
スマートフォン

スマートスピーカーからスマートフォンに電話をかける、またはスマートフォンから自宅のスマートスピーカーに電話をかけることができます。そのため双方で発信・受信が可能です。

LINEの無料通話が使えるスマートスピーカーClova Deskを使って電話をしてみた実証動画がありますのでぜひご覧ください。こちらはClova Deskでの利用シーンですが、他のスマートスピーカーでも動作にはあまり差はありません。

スマートスピーカーでビデオ通話をしてみた実際の動画

スマートスピーカーの電話機能でできるようになること

離れていても顔を見ながらビデオ通話ができる

できることその1離れていても顔を見ながらビデオ通話ができる

日本国内でスマートスピーカーを販売している各社にはディスプレイが搭載されているデバイスがあります。

日本で販売されているディスプレイ付きスマートスピーカー

Amazon Echoシリーズでは2種類ありますが、Googleアシスタントは「Google Nest Hub Max」、LINE Clovaは「Clova Desk」となっています。(GoogleにはNest Hubというディスプレイ付きデバイスがありますがカメラが内蔵されていません)

以上の機種には、インカメラが内蔵されています。そのためビデオで相手の顔を見ながら通話をすることが可能です。カメラやディスプレイの性能も良いので画質も良く映るためストレス無く通話ができます。

もちろんディスプレイ付きデバイスであってもビデオ通話にしたくない時はビデオをOFFにできるので安心してください。

活用シーン

  • ながらで操作できる

    子供があまり会えない祖父母にカメラ越しにいつでも会える

  • 子供を抱っこしながら音声操作

    普段あまり連絡をとらない両親の様子確認も兼ねてビデオ通話

  • リモコンが無くても音声操作

    遠距離恋愛や単身赴任中の彼氏や彼女と

スマホが無い子供でも両親に電話できる

できることその2スマホを持っていない子供でも電話ができる

最近では自宅に固定電話を置く家庭も少なくなってきている反面、小学生でもスマートフォンや携帯電話を持っている子も増えてきました。ただまだ携帯やスマートフォンを持たせたく無い家庭も多いでしょう。

そういう家庭でも自宅にスマートスピーカーがあれば子供でも気軽に両親に連絡がとれるようになります。そのメリットはやはり「声だけで電話がかけられる」という点です。

日本で販売されているディスプレイ付きスマートスピーカー

これは高齢者の方でも同じ事が言えますが、スマートフォンの扱い方が分からなかったりする必要も無く「◯◯に電話をかけて」と直感的に話しかけるだけで良いというのが子供でも使いやすい。

活用シーン

  • ながらで操作できる

    帰ってきた時に電話をしてくれるようにルールを決めておいて安全確認

  • 子供を抱っこしながら音声操作

    家にいる子供にお願いをする時にスマートスピーカー宛に電話をかける

smartioが選ぶ電話をするための定番スピーカー

Clova Desk
搭載音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri
Clova Deskが定番の理由
POINT.1LINEの連絡先がそのまま使える
POINT.2電話がかけられる相手は事前に設定できる

ここまで説明してきた通りAlexaでもGoogleアシスタントでも通話機能はありますが、LINE ClovaシリーズではLINE通話やビデオ通話が利用でき、設定も非常に簡単な点から定番アイテムとしています。

POINT.1LINEの連絡先がそのまま使える

NatureRemoがおすすめのポイント1

Clova DeskをはじめLINE ClovaシリーズではLINEの連絡先がそのまま利用することができます。電話番号を知らない相手でもLINEの連絡先さえ知っておけばClova Deskからでも電話がかけられる。

またClova Deskにはカメラが内蔵されているためビデオ通話ももちろん可能です!通話だけでは無く、LINEメッセージも送信でき、送られてきた内容もディスプレイ上で確認できる点が優れています。

NatureRemoがおすすめのポイント1

またビデオ通話するためのディスプレイが必要無いという方は、Clova Friendsシリーズでも同様にLINE無料通話やメッセージのやり取りができるため利用方法によってデバイスを選んでみてはいかがでしょうか?

LINE Clova Friends
スマートスピーカーLINE Clova Friends
Clova Friends Mini
スマートスピーカーClova Friends Mini

POINT.2電話がかけられる相手は事前に設定できる

LINEのアカウントを連携させるからと言ってLINEに登録している人全員に電話がかけられるようになるわけではありません!

Clova Deskから電話がかけられる相手は事前に設定で登録する必要があります。そのため、家族や両親だけを登録しておけば他の会社の人や友達などに間違えて電話がかかってしまう…ということもありません

smartioだったらこういう風にClova Deskを使う

Alexaのルーティーン
子供が離れた場所に住む祖父母にいつでも電話がかけられるように、双方の家にClova Deskを設置する。なかなか会えなくても顔が見れるようにしておけば、祖父母も嬉しいですよね。
Alexaのルーティーン
会議用のビデオチャットツールとして利用する。オンライン会議などパソコンで資料を見ながら文章を打ち込みながらでも、Clova Deskでビデオは繋がったまま会議ができます。
スマートスピーカーで電話をするならこれ ClovaDesk

他にもEcho Show5ならルームカメラとしても機能する

Echo Show
搭載音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri

Clova Desk以外でもAmazonが出しているスマートスピーカー「Amazon Echo Show5」でもビデオ通話はできます。画面サイズは5.5インチと一回り小さくなりますが、1万円以内で買えるコスパの高い商品です。

Amazon Echo Show5ではスマートフォンに登録している連絡先と同期することで電話をかけることができます。電話もインターネット回線を利用するため無料で利用可能です。

更には、

アマゾンエコー呼びかけ

「呼びかけ」という機能があり、外出中にスマートフォンのAmazon Alexaアプリから自宅に置いているEcho Show5へ呼びかけをすることで、Show5の内蔵カメラが写す映像と音を確認することができます。

自宅でペットを飼っている方はルームカメラとしてわんちゃんや猫の様子を確認することもできますし、育児中の方であれば赤ちゃんが寝ている部屋に置いておけばちゃんと寝ているかどうかも確認可能に!

そんな機能がAmazon Echoシリーズにはあり、このEcho Show5とEcho Showで利用することができます。

ルームカメラとしても使うならEcho Show5 EchoShow5

特集スマート化を始めるなら見ておきたい記事

注目今1番オススメする記事