EchoDot+SwitchBotセール

Google Homeでラジオを聴く方法

Google HomeはデフォルトでradikoとTuneInという2つのラジオ機能が備わっています。設定等も不要で、スピーカーのセットアップが終わったらすぐに楽しめます!

Wi-Fi経由なので周波数の調整も不要!

OK Google!〇〇(放送局名)を流して」と声を掛ければすぐに聴けますよ!

1.Google Homeで使えるラジオ機能の特徴

Google HomeではradikoTuneInを使ってラジオを聴くことができます。ここからは2つの違いと聴ける放送局をご紹介します。

Google Homeで聴くradiko(ラジコ)

radikoは、無料コース(自分の住んでいる地域のラジオ放送のみ聴ける)と有料コース(全国のラジオ放送が聴ける月額350円コース)があります。

Google Homeは無料コースにしか対応していないので、自分の住んでいる地域以外の放送を聴くことはできません。その放送局はradiko公式サイトの放送局一覧から確認できます。

Google Homeで聴くTuneIn

Tuneln(チューイン)はradikoに比べるとローカルなラジオ局に数多く対応していることが特徴です。radikoと違って、自分がどこの地域に住んでいても日本中のラジオ放送が聴けます。

福岡で調べても、radikoでは対応していないローカルな局まで網羅しているのがすごいです。

基本的にラジオを聴くまでの工程は初期設定とスキルの入れ込みのみ。初期設定の手順はこちらで説明しています。

話しかける方法は以下。オーダーに応じてradikoとTuneInを適時自動で使い分けてくれるのがありがたいですね!

OK Google!、ラジコを開いて。
ラジコへようこそ。KBCラジオを再生します。
OK Google!、FM福岡を流して。
ラジコへようこそ。FM福岡を再生します。
OK Google!、次の局を流して。
放送大学を再生します。
OK Google!、KBCを流して。
ラジコへようこそ。KBCラジオを再生します。
OK Google!、ラジコで、クロスエフエムをかけて。
ラジコへようこそ。クロスエフエムを再生します。
OK Google!、ラジオNIKKEI第2を流して。
ラジコへようこそ。ラジオNIKKEI第2を再生します。
OK Google!、NIKKEI第2を流して。
すみません。なんだかうまくいかないみたいです。

この記事で紹介した商品はこちら

Google Home Mini
スマートスピーカーGoogle Home Mini
Google Home
スマートスピーカーGoogle Home

合わせて読みたい記事はこちら

特集コンテンツ
売れ筋スマートガジェットランキング

smartioでみんなが買っているスマートホームガジェットをカテゴリー毎にランキング形式で紹介しています。

  • スマートリモコン部門
    SwitchBot Hub
    SwitchBot Hub Mini¥3,980
    いまの家電そのままでスマートスピーカーと連携して音声だけで操作ができる定番ガジェット
    Amazonで見る
  • スマートプラグ部門
    Meross
    Merossスマートタップ¥3,184
    コンセント+USBポートが4つ!このスマートプラグだけで色んな家電をスマート化できる
    Amazonで見る
  • スマートロック部門
    QrioLock
    Qrio Lock¥25,300
    玄関に取り付けるだけでスマホを持ってるだけでオートロック化、遠隔で解施錠が可能になる
    Amazonで見る

特集コンテンツ
smartioが選ぶ買って正解のスピーカー

数あるスマートスピーカーの中から初心者向けのエントリーモデル、こだわりたい人向けのハイエンドモデルなど価格帯などからも買って間違いないスピーカーを紹介。

Amazon Echo Dot
初めての人向けのエントリーモデル部門
Amazon Echo Dot(3rd)¥5,980
Alexa搭載のスマートスピーカー。Echoシリーズの中でも最安値のモデルだが、基本的なことはすべてできるコスパ抜群の商品。
Amazonで見る

注目今1番オススメする記事