Google Homeで天気情報を聞く方法

「OK,Google 今日の天気は?」と言うと、Google Homeが今日の天気を教えてくれます。今日は傘いる?と聞いてみたり、寒い?と聞いてみたり色んな聞き方があるので試してみましょう!

ごくまれに、位置情報がズレていてなかなか自分の住居の正確な天気を押してくれない場合がありますが、その際に「デバイスの住所を変更する方法」「天気情報の気温の単位を選択する方法」まで順に紹介していきたいと思います!

勿論、Google Homeのショートカットキーを使って自分好みの聞き方を作成することが出来るので是非、活用して下さい!

Google Homeで天気を聞く前に確認する事

1.Google Homeでデバイスの住所を確認・変更する方法

Google Homeでデバイスの住所を確認・変更する方法

Google Homeアプリの右上にある「デバイスアイコン」をクリックして、接続してるGoogle Homeの右上の「・・・」マークを押し「設定」を選択しましょう。

Google Homeでデバイスの住所を確認・変更する方法

設定画面一覧の中から「その他:ニュース、今日はどんな日、機能…」と書かれたテキストをクリックして、画面下の方にある機能の中からデバイスの項目のGoogle Homeを選択しましょう。今使用しているGoogleHomeの名称を「オフィス」にしているので、ここでは「オフィス」を選択して進みます。

このオフィスのデバイス(Google Homeの名前)の住所を確認しましょう。住所が間違っていたり、使用する場所が変わった場合は必ずここを変更して正しい天気情報を聴けるように設定しておきます。住所が書いてあるテキストをタップすると修正画面のポップアップが表示されるので簡単に住所変更することが出来ますよ!

1-1.Google Homeで天気情報の気温の単位を確認・変更する方法

Google Homeでデバイスの住所を確認・変更する方法

デバイスの住所を確認・変更する方法で紹介した「設定画面」から、「カスタマイズ設定」を選択します。するとここでは、天気情報の気温の単位を確認・変更することが出来ます。摂氏何度‥華氏‥結構マニアックな設定ですね。

  • 摂氏(℃)‥ (℃、Celsius、セルシウス度、セ氏)日本を含む多くの国で使われている温度の単位です。水の融点を0、沸点を100としたものです。
  • 華氏(°F)‥ (°F、Fahrenheit、ファーレンハイト度、カ氏)アメリカや一部の英語圏で使われている温度の単位です。標準気圧での水の氷点を32度、水の沸点を212度としたものです。

マニアックな方の為に、早見表を作成してみました。海外の一部の天気予報などプライベートや仕事で目にかける方は是非参考にしてください。

華氏摂氏体感
10°F-12.2℃極寒の雪国
20°F-6.7℃冬の雪国
30°F-1.1℃東京で1番寒い日
40°F4.4℃冬の東京
50°F10℃木枯らしが吹くより寒い
60°F15.6℃春や秋の過ごしやすい日
70°F21.1℃初夏の陽気
80°F26.7℃ちょっと暑い
90°F32.2℃暑い
100°F37.8℃暑すぎる、熱中症注意

1-1Google Homeで天気を確認してもらう音声コマンド

天気情報 読みあげる 「今日の天気は?」
「明日の天気は?」
「今日は雨降る?」
「今週は、雪降る?」
「○曜日の天気は?」
「○月○日の天気は?」
「◯◯(場所)は雨降る?」
キャンセル 「ストップ」

3.Google Homeで天気情報を聞く方法をカスタマイズする方法

Google Homeで天気情報を聞く方法をカスタマイズ

設定画面に戻り「ショートカット」を選択して、右下に表示される「+」ボタンを押しましょう。

ここではGoogle Homeにこういった時、こうしてもらうのショートカットが作成できます。「OK,Google (おはよう)」を言った時に「天気情報」を設定すると、朝のおはようの声掛けで天気情報を読み上げてもらえるようになるので大変便利ですよ!

この記事で紹介した商品はこちら

合わせて読みたい記事はこちら

注目今1番オススメする記事

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

Smartio-store

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




家電おすすめ記事