Apple HomePodでタイマーやアラームを設定する方法

Apple HomePod(ホームポッド)には、タイマー・アラーム機能がついています。 ひと言で実行できるほか、iPhoneからでもセットできます。ここでは、そのやり方を説明します。

1.HomePodのタイマー機能とセット方法

Siriでは音声を使用して複数のタイマーを設定できます。タイマーを設定するには、「Hey Siri、3分タイマーをセットして」と言えばOK。タイマーを設定した後はSiriに残り時間を確認したり、タイマーの一時停止、キャンセル、再開を指示できます。

止める時は、「Hey Siri、ストップ」と言えばOKです。

タイマーをセットする様子は以下。

そして、タイマーが鳴った時の様子が以下。

便利なのは、セットする時にそれぞれのタイマーに名前を付けられるようになっていること。例えば料理中にいくつかのタイマーを使い分けたいとき、「ゆで卵タイマー」や「パスタタイマー」、「お米タイマー」などと名前を指定しておくと、タイマーが鳴ったときに何のタイマーだったか迷わずに済みます。

2.HomePodのアラーム機能とセット方法

アラームも同じように一言でセットできます。「Hey Siri、明日の6時にアラームをセットして」と言えばOK。アラームが鳴ったら、「Hey Siri、ストップ」で止められますし、「Hey Siri、スヌーズ」と言えばその時点でスヌーズがONになります。

2-1.アラームをiPhoneからセットする

音声ではなく、iPhoneからアラームを設定しておくことも可能です。外出中などに使えますね。やり方は簡単です。

HomePod アラーム

ホームアプリで、デバイスを長押しすると画面が切り替わるので、「アラーム」をタップ。

HomePod アラーム

「+」から新規追加すればOK。曜日で繰り返し指定や、名前のカスタマイズもできます。

なお、セットしたアラームの時刻を変更したい場合は、iPhoneで時間を設定しなおすか、「Hey Siri、6時のアラームを 6時半に変更して」などと言えばOKです。

3.タイマー、アラームに関する音声コマンド一覧

タイマー 設定 「タイマーを○分後にセットして」
「タイマー後何秒?」
「3分のカップ麺タイマーをかけて」
※タイマーの名称を指定できる
確認 「タイマーを確認して」
キャンセル 「タイマーをキャンセルして」
「タイマーをリセットして」
アラーム 設定 「アラームをセットして」
「○時にアラームをセットして」
「平日の○時にアラームをセットして」
確認 「アラームを確認して」
キャンセル 「アラームを止めて」
スヌーズ 「スヌーズ」

3-1.タイマー、アラームの音量を変更する

音量はHomePod自体の音量に依存するようです。音量を上げたい場合は、HomePod自体の音量を上げておきましょう。

なお、アラームを好きな曲に変えることは現状できないようです。

この記事で紹介した商品はこちら

Apple HomePod
スマートスピーカーApple HomePod

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中