JBL LINKを外部スピーカーに接続する方法

JBL LINKシリーズは単体で外部スピーカーとBluetooth接続することができません。そこで必要なのが、接続すれば端末から Wi-Fiで音楽をストリーミングできる「Chromecast Audio(クロームキャストオーディオ)」。ここでは、このChromecast Audioを使って外部スピーカーと接続する手順をご紹介します。

JBL linkに搭載されているのはGoogle Assistantなので、設定方法はすべてGoogle Homeと同じです。

1.外部スピーカーをchromecast audioでWi-Fi化する手順

JBL LINKで外部スピーカーから音を出すためには、外部スピーカーをWi-Fiにつなげる必要があるんです。でも外部スピーカーには基本的にWi-Fi機能はありません。そこで使えるのが「Chromecast Audio」。外部スピーカーにイヤホンジャック端子でつなげることで、その外部スピーカーをWi-Fi経由でネットワークにつなげられるというアイテムです。

簡単に言うとBluetoothで繋ぐのではなく、外部スピーカーをインターネットに繋ぐといった感じ。

必要なものはたったの3つ。

  • 外部スピーカー
  • chromecast audio
  • JBL LINK本体

外部スピーカーをchromecast audioでWi-Fi化するためにやることはただ接続するだけ。

外部スピーカーのイヤホンジャックにchromecast audioの3.5mmプラグを差し込み、chromecast audioを電源に接続したらOKです。

1-1.JBL LINKとchromecast audioを連携させる方法

続いてはGoogle Homeアプリでchromecast audioを認識し追加すれば完了です。

JBL LINKを外部スピーカーに接続する方法

Google Homeアプリの左上にあるメニューボタンをタップし、その他の設定 → テレビとスピーカー で出てきた画面の右下にある<+>ボタンをタップすれば、LAN内にあるスピーカーが自動で現れるので、chromecast audioを選択して追加します。これで連携は終わりです。

1-2.chromecast audioで連携させたスピーカーから音楽を流す方法

連携が完了したら、早速スピーカーから音楽を流してみましょう。※ここで注意しておきたいポイントがあります

普段通り「OK, Google Play musicで◯◯を流して」と言うと、いつも通りJBL LINKから音楽が流れてしまいます。連携させた外部スピーカーから音楽を流したい場合はスピーカーを指定してJBL LINKに話しかけないといけません。

Google Homeアプリのホームに戻り、右上にあるデバイスアイコンをタップすると、chromecast audioと接続したスピーカーの名前が表示されています。(大体、スピーカーという名前で登録されています)「OK, Google スピーカーで◯◯を流して」と言うと無事にchromecast audioと接続したスピーカーから音楽を流すことが出来ました!

皆さんも是非お試し下さい!

この記事で紹介した商品はこちら

合わせて読みたい記事はこちら

注目今1番オススメする記事

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

Smartio-store

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




家電おすすめ記事