LINE Clovaを使ってLINEを送る・読み上げる方法

LINE Clova WAVEや、LINE Clova friendsに「ねぇClova ママにLINEを送って」と話しかけるだけで、LINEが簡単に送信でき、更にClovaに届いたLINEを読み上げてくれるので小さなお子様のお留守番時の見守り対策にとても役立ちます!

LINEを送る際、2つの方法があります。

  • 個人アカウントを使う
  • 家族アカウントを作成する

家族アカウントを使う場合、わざわざアカウントを作る必要があり少々面倒。個人アカウントを使う方が利便性がいいので、ここでは先に個人アカウント、その下に家族アカウントを使う方法を紹介します。

設定が完了するとできる事
声でLINEメッセージの送信・読み上げを指示できる
Clovaを家族共有のデバイスとして使える

1.LINE Clovaの初期設定

LINE Clova waveからLINEを送るには、まずLINE Clovaの初期設定を済ませていなければ利用できません。まずLINEの初期設定が終わっていない方は下記の記事を参考にして初期設定を済ませてからこの手順を行いましょう。

初期設定が終わったら、LINEの設定に入ります。

2.個人アカウントを使ってClovaからLINEを送信する方法

個人アカウントを利用すると、その名の通りClovaを使って自分のLINEアカウントからメッセージを送信できます。一般的な利用法なので、イメージしやすいかと思います。

LINE Clovaを使ってLINEを送る・読み上げる方法

まずはデバイスを選択し、下メニューから「LINE設定」→「メッセージ」へと進みます。

LINE Clovaを使ってLINEを送る・読み上げる方法

「自分のアカウントを利用する」→「無料通話も利用」→「許可する」と進みます。

ClovaからLINEを送りたい人を追加する方法

LINE Clovaを使ってLINEを送る・読み上げる方法

次は友だちを設定します。ここで設定した友だちにのみ、ClovaからLINEを送れます。もちろん複数登録も可能です。

LINE Clovaを使ってLINEを送る・読み上げる方法

友だちを検索し、Clova上で使う呼び名を決めます。この呼び名は「ねぇClova、○○にLINEを送って」の○○の部分になります。

LINE Clovaを使ってLINEを送る・読み上げる方法

続いては声認証です。声認証をすると、他人が勝手にLINEを送るのを防ぐことができます。セキュリティにもなるので、登録をお勧めします。

LINE Clovaを使ってLINEを送る・読み上げる方法

声認証が終わったら、LINEの登録完了です。なお、「Clova」だけでは送れない仕様になってます。必ず「ねぇClova」に変更が必要です。

実際に送ってみた様子は以下。

3.家族アカウントを作成し、LINEを送信する方法

まず、ClovaアプリでLClovaアプリでLINEの「家族アカウント」(ClovaのLINEアカウント)というものを作ります。家族アカウントを作成した人のLINEの通知はClovaには行かないので安心してくださいあくまでも、この設定はClovaのLINEアカウントを変わりに作ってあげるというイメージです。

自分のスマホから家族アカウントを作成するとClovaと連携させられて、自分のプライベートの連絡の通知も勝手にClovaが受信しちゃうんじゃないの?と心配になりますが、あくまでも、ClovaのLINEアカウントを代わりに作ってあげるというイメージです。自分のLINEアカウントが消えることもありませんし、プライベートのLINEの通知はいかないので安心してください。

Clovaアプリから家族アカウントを作成する方法

個人アカウントの時と同じように、デバイスを選択して、下の方にある「LINE設定」のをタップしましょう。次いで「Clova専用アカウント」とタップ。

Clovaアプリから家族アカウントを作成する方法

Clovaアカウントの名前を決めます。分かりやすく「かぞく」としておきます。

Clovaアプリから家族アカウントを作成する方法

その後、家族アカウントを追加するグループを設定します。家族アカウントでメッセージのやりとりができるのはグループLINEに限ります。

あとは、音声でやりとりするだけ。これで完了です。

Clova家族アカウントからLINEを送信する方法

ClovaからLINEを送信するには、下記の音声コマンドに従って送信して下さい。


送信「Clova LINE送って」
宛先の確認誰に送りますか?と返答があるので、「◯◯(ママ)」と指定する
LINEの内容何と送りますか?と返答があるので「LINEの内容(ただいま、や、アイス買ってきて等)」

上記のような簡単なやりとりでLINEを送信する事が出来ます。

ClovaからLINEを送信する方法

4.Clovaから受信したLINEを読み上げてもらう方法

Clovaには、受信したLINEを読み上げる機能もついています。通知音は鳴りませんが、Clovaの上部分が緑に光っているのでLINEが来たかどうかは目視で確認出来ます!

先程、上で紹介したClovaからのLINEに返信を打つと、ClovaにLINEが届きます。LINEを読んでもらいたい時の音声コマンドは下記の通りです。


読み上げ「Clova LINEを読んで」
ClovaからLINEを送る際に使用する呼び名の設定方法

ClovaからLINEを読んでもらうと、相手には既読マークが付くのでLINEを確認したかしてないか目視出来るのがいいですよね!

まだ携帯を持っていない年代のお子さんの見守り機能として使用したり、お留守番時や、おつかいのお願いをLINE Clova WAVEで出来るので大変便利です!是非活用して下さい!

この記事で紹介した商品はこちら

LINE Clova WAVE
スマートスピーカーLINE Clova WAVE
LINE Clova Friends
スマートスピーカーLINE Clova Friends

合わせて読みたい記事はこちら

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中