EchoDot+SwitchBotセール

スマートスピーカーで動画を再生する方法と視聴できる動画サービス一覧

ディスプレイ付きのスマートスピーカーの登場により、動画サービスを視聴できるというメリットが生まれました。ここでは、各アシスタント毎に視聴できる動画サービスやオススメのデバイスをご紹介します。

スマートスピーカー動画を視聴しよう

スマートスピーカーで動画を見る
スマートスピーカーがあればできること
その1YouTubeなどの動画サービスを音声で呼び出せる

動画を再生することは、ディスプレイ付きのすべてのスマートスピーカーで行えます。スキルやアプリなどの追加は必要ありません。スマートスピーカーだけで完結する機能です。

各音声アシスタントの動画再生機能を比較

動画再生機能を比較

できることその1動画サービスを簡単に呼び出せる

各音声アシスタントの対応サービス一覧
Amazon Alexa ・Prime Video
・YouTube
Googleアシスタント ・YouTube
・Netflix
・Hulu
・U-NEXT
LINE Clova ・YouTube
・AbemaTV

ごらんのとおり、それぞれに特徴や強みがあります。加入している動画サービスを基準に考えるのがよさそうです。

音声で動画の再生を細かくコントロールすることもできます。以下の表では、3つの音声アシスタントに共通する指示コマンドの一部。あくまでも共通する一部として認識しておいてください。

動画再生に関するコマンド(一部)
基本的な動画検索 「AbemaTVをひらいて」
「YouTubeで猫の動画を検索して」
「PrimeVideoでインターステラーを再生して」
条件指定で再生 「[タイトル/ジャンル/俳優] をの動画を探して」
再生操作 「一時停止」
「再開」
「最初から再生して」
音量操 「音量を上げて/下げて」
「音量を3上げて/下げて」
「音量を1にして」

サービスによってコマンドも違いますが、上の表ででてきた指示は各音声アシスタントでほとんど可能です。

活用シーン

  • 朝のBGM

    場所を取らずにテレビの代わりにする

  • サウンドシステムを音声操作

    寝る前にベッドサイドで映画を見る

smartioが選ぶ動画再生の定番アイテム

Google Nest Hub
搭載音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri
Google Nest Hubが定番の理由
POINT.1iPhoneからキャストできる
POINT.2画面がきれいで鮮やか

POINT.1iPhoneからキャストできる

おすすめのポイント1

公式に対応していない動画サービスでも、iPhoneからキャストできるものもあります。キャストとは、iPhoneで見ている動画をNest Hubに転送すること。

iphone キャスト

iPhoneのここをタップし、Google Nest Hubを選べばOKです。見ていた動画がGoogle Nest Hubで再生されます。

これが使えるのはもちろんGoogleだけ。意外と使用頻度の高い機能なのです。

POINT.2画面がきれいで鮮やか

おすすめのポイント2

部屋の雰囲気に合わせて光と色を自動調整する「アンビエントEQ」という機能もついており、画面がとてもきれい。これはデフォルトの壁紙でも分かりますが、明らかにインテリアとしても映えるのはGoogle Nest Hubです。

画質やおしゃれさを優先したいのならなおさらGoogleが1番です。

smartioだったらこういうふうに使う

キッチンで料理中

キッチンの目につくところに置いておけば、レシピ動画を見て確認した後映画を見ながら調理、なんてことも。キッチンが一気に贅沢な場になります。

動画を視聴するならこれ Google Nest Hub

特集スマート化を始めるなら見ておきたい記事

注目今1番オススメする記事