EchoDot+SwitchBotセール

スマートスピーカーで最新ニュースを聞く方法

ひとことで手軽にニュースを聞けるというのはスマートスピーカーの大きな魅力であり、定番の活用法です。ここでは、ラジオの聴き方と各音声アシスタントの比較を行います。

スマートスピーカーで最新のニュースを調べよう

スマートスピーカーでニュースを聴く
スマートスピーカーがあればできること
その1最新のニュースをジャンルで分けて聞ける

ニュースを再生することは、もちろんすべてのスマートスピーカー/音声アシスタントで行えます。スマートスピーカーだけで完結する機能です。

スマートスピーカーで調べられるニュースラジオ情報

ニュース再生機能

できることその1最新のニュースをジャンルで分けて聞ける

すべての音声アシスタントで、最新のニュースを聞くことができます。便利なのは、ジャンルで指定することもできるという点。例えば、スポーツ・エンタメ・政治など、聞きたい分野のニュースにひとことでアクセスできるのはとても嬉しいところです。

以下の表では、スマートスピーカーにニュースを読み上げてもらう指示コマンドの一例を知ることができます。あくまでも一例として認識しておいてください。各アシスタントで指示には若干の違いがあります。

スマートスピーカーにニュースを聞く指示(一部)
総合「ニュースを教えて」
エンタメ「エンタメニュースを教えて」
「芸能ニュースを教えて」
スポーツ「スポーツニュースを教えて」
経済「経済ニュースを教えて」
「ビジネスニュースを教えて」
海外「海外ニュースを教えて」
「国際ニュースを教えて」
暮らし「暮らしのニュースを教えて」
カルチャー「カルチャーニュースを教えて」

上のようにジャンル毎にニュースを聞くには、Amazonの場合はスキルを有効化する必要があるなど、各アシスタントで設定方法に違いがあります。詳しくは以下それぞれの設定記事をご覧ください。

活用シーン

  • 朝のルーティン

    朝食を摂りながら朝のルーティンとして活用する

  • 子どもと一緒に聞く

    子どもと一緒に聞いてコミュニケーションの時間を取る

smartioが選ぶニュースの定番アイテム

Amazon Echo Show5
対応音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri
Amazon Echo Show5が定番の理由
POINT.1画面でもニュースを追えるディスプレイ付きモデル
POINT.2ニュースの種類が豊富で、好きなスキルを選べる

基本的にカレンダーへのスケジュールの追加、確認等はどの音声アシスタントでも可能ですが、ここでは「Amazon Echo Show5」を定番アイテムとして選びました。その理由は以下の通りです!

POINT.1目でも追えるディスプレイ付きモデル

Amazon Echo Show5がおすすめのポイント1

Echo Show5は5.5インチのタッチディスプレイが搭載されています。そのため、聞き逃しそうな場合でも画面でチェックできます。

POINT.2ニューススキルの種類が豊富

Amazon Echo Show5がおすすめのポイント1

Alexaはスキルが豊富なため、好きなニュースを選ぶことができます。特にオススメなのは「NHKニュース」スキル。これを見れば毎朝テレビでニュースを見る必要がなくなりますよ!

smartioだったらこういう風にスマート化して使う

Alexaのルーティーン
毎朝起きた後のルーティーン「アレクサ、おはよう」でニュースを読み上げた後に、カレンダーに入っている今日の予定を呼び上げてくれるように「定型アクション」に登録をしておく
ニュースを聞くならこれ Amazon Echo Show5

特集スマート化を始めるなら見ておきたい記事

注目今1番オススメする記事