スマートスピーカーで毎日のスケジュールやタスクを管理して、抜けを無くす定番術

スマートスピーカーの醍醐味と言えば、普段スマートフォンでやっている事を代替えしてくれることです。その中のひとつに、「毎日のスケジュールやタスクを管理」をスマートスピーカーでできるようになります。

スマートフォンを使うことなくスケジュール管理できるのは忙しい人にとっては楽ですし、何かと予定を忘れがちな人には予防にも効果的です。今回はどんな風にスマートスピーカーを活用すればスケジュール・タスクの管理ができるようになるのかを紹介していきます。

スマートスピーカーさえあればスケジュール・タスク管理ができるように

スマートリモコンで家電を音声操作できる
スマートスピーカーがあればできること
その1話しかけるだけでスケジュールの確認・追加ができる
その2リマインダーで指定した時間に通知してくれる

大きく分けて使っているカレンダーと同期してスケジュールの確認・追加ができる機能と、指定した時間に通知できるようになるリマインダー機能があります(後述しますが利用する音声アシスタントによって変わります)。

カレンダー機能が使える音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova

スマートフォンは言うまでもありませんが、必要なものはスマートスピーカーのみとなります。では具体的にどのように利用できるのかを見ていきましょう!

スマートスピーカーのスケジュール・タスク管理でできること

話しかけてスケジュールの確認・追加ができる

できることその1話しかけてスケジュールの確認・追加ができる

スケジュール・タスク管理をするにはまずカレンダーが必要ですね。みなさんはどんなカレンダーアプリを利用しているでしょうか。各音声アシスタントでは利用できるカレンダーが異なります

下記が各音声アシスタント毎の対応カレンダーです。

各音声アシスタントの対応カレンダー
Amazon Alexa Googleカレンダー
Outlookカレンダー
iCloudカレンダー
Googleアシスタント Googleカレンダー
LINE Clova Googleカレンダー
iCloudカレンダー

共通して言えるのがどの音声アシスタントのスマートスピーカーを使っていてもGoogleカレンダーは利用できるということになります。スマートフォンやPC等で使っているGoogleカレンダーの予定を確認したり、追加・削除が可能です。

スマートスピーカーでカレンダー確認

ディスプレイ付きスマートスピーカーであれば予定を表示してくれるので分かりやすくなります。追加した予定はリアルタイムで反映されるので、ラグ等も一切ありません!

こんな風にスケジュールの確認や追加ができる

スケジュールの確認や追加するには、以下の流れです。

今日のスケジュールを教えて
今日の予定は1件あります。午後13時からランチの予定が入っています。
スケジュールに「今日18時から友達と飲み会」って予定を追加して
本日◯◯日18時に友達と飲み会という予定を追加しました。

音声アシスタントによって多少セリフは変わってきますが大体はこのような流れで予定の追加や確認が可能です。上の例のように「今日の18時から友達と飲み会」と日にち・時間・内容を一気に伝えると一番スムーズに予定が追加できます。

正しく追加できない場合には「予定を追加したい」と伝えると、

予定を追加したい
分かりました。日時を指定してください。
◯月◯日(明日などでも可)
何時ですか?
午後5時(または17時でも可)
何というタイトルにしますか?
家族とご飯(自由に設定可)
『◯月◯日午後5時に家族とご飯』ですね?
はい。
はい、追加しました。

このようにひとつずつ問答を繰り返して予定の追加ができます。

定型アクションやルーティーンに登録しておくと更に便利

Amazon Alexaには定型アクション、Googleアシスタントはルーティーン、LINE Clovaはマイコマンドという機能があります。

定型アクション

これは、あるワードを言うとまとめて複数の動作をしてくれる機能です。例えば「アレクサ、おはよう」とひとこと言うだけで「天気予報→今日のスケジュール読み上げ→今日のニュース」という流れを作って、着替えながらでもまとめて情報が得られるようにできます。

どの音声アシスタントにも同じ機能があるので、このように毎日のルーティーン化しておくと便利です。

活用シーン

  • 帰宅前にエアコンをつける

    予定が入ったらすぐにスマートスピーカーに話しかけてカレンダーに追加しておく

  • 自宅の家電を確認

    毎朝予定がチェックできるようにルーティーン登録しておくと急いでいても確認できる

リマインダーで指定した時間に通知してくれる

できることその2リマインダーで指定した時間に通知してくれる

カレンダーの予定は確認したり追加をしたりするもので時間になっても通知はしてくれません!ですが、リマインダーであれば指定した時間に通知をしてくれるようになります。

音声アシスタントによっては通知の仕方が変わるので下記を参考にしてください。

各音声アシスタントのリマインダーの通知方法
Amazon Alexa 設定した時間になれば、通知音が鳴ると共に登録したリマインダーをAlexaが読み上げてくれる
Googleアシスタント 設定した時間になれば、LEDが点滅をする。「OK,Google.通知を教えて」でリマインド内容を教えてくれる
LINE Clova 設定した時間になれば、通知音が鳴ると共に登録したリマインダーをClovaが読み上げてくれる

このような違いがあり、Amazon AlexaとLINE Clovaでは登録したリマインダーを読み上げるまでやってくれるので非常に助かります。通知と共に教えてくれるので、大事な用を忘れないようにできる便利機能です。

追加するには、

リマインダーを追加したい
内容をどうぞ
今日の18時にたかしにメールする
本日◯◯日18時に「たかしにメールする」とリマインドしました

このようにリマインダーを登録していきます。追加、削除に関しては話しかけても良いですし、各音声アシスタントの専用アプリからでも大丈夫です。

活用シーン

  • 帰宅前にエアコンをつける

    時間が決められている用事はリマインダー登録をしておいて予定を忘れるのを防ぐ

  • 自宅の家電を確認

    スマートフォンからリマインダーを登録して自宅にいる子供に伝言を伝える

smartioが選ぶスケジュール・タスク管理の定番アイテム

Amazon Echo Show5
対応音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri
Amazon Echo Show5が定番の理由
POINT.1Alexaが対応しているカレンダーの種類が多い
POINT.2予定の内容はディスプレイでも確認できる

基本的にカレンダーへのスケジュールの追加、確認等はどの音声アシスタントでも可能ですが、ここでは「Amazon Echo Show5」を定番アイテムとして選びました。その理由は以下の通りです!

POINT.1Alexaが対応しているカレンダーの種類が多い

Amazon Echo Show5がおすすめのポイント1

最初の方でも言いましたが、音声アシスタント「Amazon Alexa」が搭載されているスマートスピーカーでは「Googleカレンダー」「Outlookカレンダー」「iCloudカレンダー」の3つに対応しています。

スマートスピーカーで予定の確認をするなら上記の3つである必要があり、元々使っているカレンダーがそのままスマートスピーカーで使えると便利ですよね。そのため、音声アシスタントの対応数が多いという点でもEcho Show5が優れています。

POINT.2予定の内容はディスプレイでも確認できる

Amazon Echo Show5がおすすめのポイント1

Echo Show5は5.5インチのタッチディスプレイが搭載されています。そのため、カレンダーに入っている予定もデイスプレイ上で確認することも可能です。

smartioだったらこういう風にスマート化して使う

Alexaのルーティーン
毎朝起きた後のルーティーン「アレクサ、おはよう」でテレビ・エアコンをつけた後に、カレンダーに入っている今日の予定を呼び上げてくれるように「定型アクション」に登録をしておく
Alexaのルーティーン
自分がいなくても子供が勉強をするように、外出先からAlexaアプリで「勉強の時間だよ。ちゃんと勉強やってる?」とリマインダー設定をして、Alexaに言ってもらう
カレンダー・タスクを管理するならこれ Amazon Echo Show5

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中