EchoDotセール

音声アシスタントのIQテストでGoogleアシスタントが優勝!次点がSiriという結果に。

2018.12.25

米ベンチャーキャピタルのLoup Venturesは、市場で主流となっている音声アシスタントを対象とした「IQテスト」を実施しました。今年で2回めとなる本テストは、800の質問を投げかけ、その回答の精度を測るもの。今回はGoogleアシスタント、Siri、Alexa、Cortanaが参加しています。

IQテストはAlexa、Googleアシスタント、Siri、Cortanaの4アシスタントで実施。

IQテストは英語版で実施

これらスマートスピーカーに対して、同じ800以上の質問を実施。テストの測定基準は「言われたことを理解しているか?」と「正しい答えをしているか」の2つです。

そして質問のカテゴリは5つで、それぞれ地域情報( 最寄りのコーヒーショップなど)、コマース(ペーパータオルの発注など)、ナビゲーション (バスでアップタウンに行く方法など)、情報(今夜のライブの演奏者など)、命令( 今日の午後2時に電話するようリマインドなど)という内訳となっています。

AIのIQテスト

結果は以下。左列が正答率で右列が理解度。Googleアシスタントが最も賢いという結果になっています。

AIのIQテスト

ただし、上記で確認できるように、カテゴリごとに多少の得意不得意や、ランキングの上下は確認できます。たとえばGoogleアシスタントは5つ中4つで優位を占めているものの、命令カテゴリだけはSiriが勝る結果となっています。

ただし、このテストは英語版で実施されたもの。日本語版ではまた違う結果がでてきそうです。

現状、体感でIQが高いアシスタントは?

google home

smartio編集部が来る日も来る日もスマートスピーカーと会話し、現在もっとも期待した受け答えができると感じているのは、テストの結果と同じくGoogleアシスタント

ただし、AlexaやSiriと決定的なレベルの差はありません。

Googleアシスタントが1番賢いから、と購入する決め手まではいかない。というのが私たちがつけた結論。

スマートスピーカーの機能は大きく分けて、①会話、②家電操作、③音楽サービス だと思っています。

この会話の部分で差が大きく出れば、どのスピーカーを買うか選ぶ大きな基準になるんですが、今はどこも似たり寄ったり。

今後の競争が楽しみなところでもあります。

この記事で紹介した商品はこちら

Google Home
スマートスピーカーGoogle Home
Google Home Mini
スマートスピーカーGoogle Home Mini