EchoDotセール

家電を音声操作したい人集まれ!おすすめの間違いない商品を教えます。

2018.11.19

こんにちは。

当メディアsmartioに起こしいただく方は、『スマートスピーカーっておもしろそうだけど、本当に便利なの?』『スマートスピーカー買ったけどどうすれば良いの?』と思っていらっしゃる方が多いかと思います。

つまりは、まだ現在の使い方に満足していない方が多いですよね。たしかにまだ生活が明らかに一変して便利になる!というほどの商品ではないのは事実ですし、まだ市場も成熟しておりません。

そんな中、スマートスピーカーを使う事の多くには「音楽を聴く」というのが1番多いのですが、スマートスピーカー経由で家電を操作するというのも人気です。Amazon EchoやGoogleアシスタントのCMでも良く目にしますよね。

そこで今回は、『いま家にある家電をアマゾンエコーやGoogleアシスタントで音声操作したり、自動化したい人』『いろんな商品があってどれを買えば良いのか分からない!』という方に選んで間違いない商品を紹介します!

家のあらゆる家電をスマート化するならLink Japan製品で集めるのがベスト

まず今回のテーマとして、家中のあらゆる家電やモノをインターネットにつなげ(IoT化)、スマートフォンやスマートスピーカーから操作できるようにすることを前提に話します。ただ家電とひとかたまりに言ってもいろんなものがありますよね。

例えば、

  • テレビ
  • ブルーレイレコーダー
  • エアコン
  • 扇風機
  • 加湿器
  • 空気清浄機
  • 天井照明
  • 卓上ライト
  • 間接照明
  • ケトル
  • カーテン
  • etc.

いま自宅に置いてある家電だけでもこんなにもありました。これらの家電を操作するには付属している赤外線リモコンをつかって操作をするか、直接ON/OFFのスイッチを押す必要があるものもありますよね。それが普通です。

ただ、ここで上げた家電はいろんな会社が販売しているIoTガジェットを使えば、スマホ/スマートスピーカーから操作が可能になります。これが家のスマート化です。

ですが

テレビを動かすのは○○社のスマートリモコンで、間接照明は□□社のスマートプラグ、カーテンは△△社で・・・』と、いろんな会社の製品をかき集めて家のスマート化をしようとすると管理が大変になります。

便利になったかもしれませんが、別々のアプリで設定をしてそれぞれのアプリで操作をしなくちゃいけない。これって便利になっているようで、アプリが増えて実は不便になっていませんか?

そこでおすすめなのが、

リンクジャパン

Link Japan社のスマートガジェットたち(eシリーズ)です。これらがあれば家中の家電をほとんどスマート化することができます。更には、専用アプリ「eHome」だけで一元管理できるため使いやすいです!

他のIoTガジェットを販売している会社の中でも、「リモコン」「プラグ」「センサー」「カーテン」などほとんどの家電をカバーできる種類のガジェットを開発している会社Link Japan社以外にありません。

ここからは家電別に使うLink Japan製品を紹介していきましょう。

リモコンがある家電を操作するにはスマートリモコンeRemote

対応家電はこちら。

  • テレビ
  • ブルーレイレコーダー
  • エアコン
  • 天井照明

普段1番操作することが多い家電たちですね。特に「テレビ」「エアコン」「照明」は毎日何かしらで操作することがあるかと思います。

これらの家電の共有点は、赤外線リモコンがついているということです。リモコンを使ってテレビのチェンネルを変えたり、エアコンの温度を切り替えたりしますよね。その赤外線リモコンです。

そこで登場するのがこちらのスマートリモコン「eRemote」です!

リンクジャパン

リモコンから発信される赤外線を、このスマートリモコン「eRemote」に登録することで、ここからテレビやエアコンを操作する赤外線を発信してくれます。また、Wi-Fiに接続するため外出先からでもスマホで操作が可能です。

上画像では「テレビ」「エアコン」「照明(※リモコン付きに限る)」として紹介をしていますが、他の家電でもリモコンが登録できれば操作できるようになります。

また、音声AIアシスタント「Amazon Alexa」「Googleアシスタント」に対応しているため、Amazon EchoでもGoogleHomeからでも音声操作が可能になります。eRemoteの詳しい設定に関しては「「eRemote」の初期設定方法と使い方」こちらを参考に。

リモコンが無い家電を操作するにはスマートプラグePlug

対応家電はこちら。

  • 卓上照明
  • 間接照明
  • ケトル
  • 扇風機
  • 加湿器
  • 空気清浄機
  • etc.

対応家電は以上のように書いていますが、あくまで例です。ここで操作できる家電はコンセントを差したらすぐにONにできる家電に限ります。

つまり、間接照明のような物理的にON/OFFが切り替えられるスイッチがついている家電などですね。

こういった家電もIoT化することができます。それを可能にするのがLink Japan製品のスマートプラグ「ePlug」です。

リンクジャパン

スマートプラグ「ePlug」はコンセントと家電の電源ケーブルの間に挟むことで、コンセントからの電源供給自体はON/OFFで切り替えることがガジェットです。こちらもWi-Fiに接続されているので外出先から家電操作も可能。

また、タイマー設定などもできるため家電の自動化等にも使えるスマートガジェットです!リモコンがついていない家電に関してはこの「スマートプラグ」でIoT化してみましょう。

ePlugの詳しい設定に関しては「「ePlug」の初期設定方法と使い方」こちらを参考に。

こちらのePlugも「Amazon Alexa」と「Googleアシスタント」に対応。

カーテンの自動操作にはeCurtain

リンクジャパン

対応家電はこちら。

  • カーテン

名前の通りですが、カーテンを自動で開閉することができるガジェットです。ここまでの説明で大体分かると思いますが、こちらもWi-Fiに対応しているため外出先からでも開閉可能。また、タイマー設定をすることもできます。

毎朝、午前7時にカーテンが自動で開いてくれたら太陽光で自然に起きられますし健康的な生活が過ごせるかもしれませんね。

まだ一般発売されていませんが2018年秋頃発売予定なのでもうすぐだと思います!また、こちらも開発中ですがAmazon Alexa,Googleアシスタントにも対応予定とのことなのでスマートスピーカーからの操作もできるように。

センサー「eSensor」と連動させれば、家電の自動化も!

ここまでは家電をインターネットに繋がっていない家電にスマートガジェット経由でWi-Fiに接続することで、スマートフォン/スマートスピーカーから操作ができる方法を紹介しました。

ただできれば、音声操作やスマートフォンから操作するまでもなくルールを設定して自動で家電が動くなるようになれば良いですよね。

それを可能にするのが、センサー「eSensor」です!

リンクジャパン

さきほど説明した、スマートリモコン「eRemote」やプラグ「ePlug」と連動させることで、自動化が可能に。『温度が35℃まで上昇したら、eRemoteからエアコンの冷房スイッチをONにする』というルール設定ができます。

そのため、自宅でペットを飼っている方などは室温を一定に保つこともできますし、安心できますね。

eSensorには「温度」「湿度」「照度」「音」「空気質」の5つのセンサーが搭載されているため、あらゆるルール設定を決めて家電を自動化することができます。

ここまで説明したスマートガジェットが専用アプリ「eHome」だけで管理!

冒頭でも言いましたが、ここまで説明したスマートガジェットはすべてLink Japan社の「eHome」という専用アプリから設定を行い、管理、操作することができます。

全部同じ会社の製品なので一元管理できてすごく便利です。さらに、センサーのように他のリモコンやプラグなどと連動することができるのもLink Japan社製品の魅力。

これから、自宅のスマート化を計画している方はまずLink Japan社の製品から買い揃えるとまず間違いは無いと言えます!

  • まずはテレビやエアコンなどの大きな家電を操作したい
  • まずは間接照明など小さい家電から・・・

という方であっても、今後の事も考えるLink Japan製品で試してみてはいかがでしょうか?

この記事で紹介した商品はこちら

注目今1番オススメする記事

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

どのスピーカーがいいのか悩んでる方...

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




おすすめ家電操作方法