Invocable(旧:Storyline) – Alexaスキル開発ユーザーマニュアル

Invocable (旧:Storyline) プログラミング知識0でもはじめられるAlexaスキル開発ツール

Invocable (旧:Storyline)はプログラミング知識0でもはじめられるAlexaスキル開発ツールです。Alexaの自分だけのスキルを作りたいしたいけど‥作り方が分からない、C言語やJavaの知識がないからと言って諦めていた方!Storylineのこのユーザーマニュアルを見れば、誰でも簡単にスキル開発が可能です!

※元々storylineという名前でしたが、2018年11月より「Invocable」に名前が変わりました。

  • 自分や、自分の家族専用のスキルが作りたい
  • 人やモノのサービスに役立つスキルを作りたい

そんな人は是非!自分の思いや考えを形にしましょう!!Invocableは、単純な対話スキル(カスタムスキル)を作成することができます。

Invocable

現在、smartioでは月に1本~2本のペースでAlexaスキル開発を行っています。

知識がなくてもスキル開発をやってみたい!という方の、0から1歩踏み出す後押しをするため、初心者向けスキル開発ページを作成しました!自分たちが、実際に行ったスキル開発の工程、使用しているツールの紹介(Invocable)、スキルの作り方、Amazonへのスキル申請方法まですべて紹介しています!

スキル開発の簡単な流れ

会話フローのまとめ
1.会話フローのまとめ
Alexaスキル開発の最初のステップ。会話フローの作成を行います。「はい」と答えた時と「いいえ」と答えたときに、Alexaに◯◯と言ってもらうという会話フローを作成します。
会話の流れを実際にプログラミング
2.会話の流れを実際にプログラミング
1で決めた会話フローを実際にプログラミングしていきます。クイズ形式なら、答えやヒントまで、さらにヘルプやストップの時のAlexaの対応を全て入力していきます。
スキルアイコン・スキル名作成
3.スキルアイコン・スキル名作成
Amazon Alexaにスキル申請する場合、スキルアイコンとスキル名を作成していきます。スキル名はAlexaに話しかけて呼び出す名前になるので、簡単で言いやすい名前がおすすめです!
申請・公開まで
4.申請・公開まで
全ての準備が整ったら、スキル申請を行います。無事に申請が通ればAmazon Alexaスキルにスキルが並びます!訂正がある場合は、訂正内容に沿って修正を行いましょう!

今までの公開したスキル一覧

国内向けスキル - 11月付データ

英語圏向けスキル - 11月付データ

注目今1番オススメする記事

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

どのスピーカーがいいのか悩んでる方...

Smartio-store

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




家電おすすめ記事