Magic Cubeを使ってGoogle Homeでエアコンを操作する方法

今回は、スマートリモコン『Magic Cube(マジックキューブ)』を使って、Google Home(グーグルホーム)からエアコンを操作する方法を解説します。

Google HomeとMagic Cubeを連携させてできることが、下の「ENTER」から3Dで疑似体験できるのでぜひ使ってみてください。

Google HomeとMagic Cubeをセットした部屋が体験できる

3Dでスマートホームを体験しよう

このようにGoogle Homeと組み合わせるとエアコンだけでは無く、他の家電も操作できるようになります。今回はこのように音声で操作できるようにする方法を解説します。

1.Google HomeでMagic Cube(マジックキューブ)を操作するために必要なもの

  • Wi-Fiアクセスポイント
  • スマートフォンあるいはタブレット
  • Magic Cube
  • HomeMateスマートフォンアプリ
  • Google Home(デバイス)
  • Google アシスタントアプリ

デバイス(スピーカー)に関しては、Google Home,Google Home miniどちらでも問題ないです!

2.Googleアシスタントアプリでデバイスを登録

実際にエアコンを音声で操作ができるようにするには、GoogleアシスタントアプリからHome Mateアプリで登録をしたリモコンを検出するだけです!めちゃくちゃ簡単。

その前に今回使う、スマートリモコン『Magic Cube(マジックキューブ)』の初期設定、リモコンの登録がまだだよ!っていう方は↓の記事を見ながらやってみてください。

2-1Googleアシスタントアプリで『Home Mate』で登録したリモコンを検出

まずは、Googleアシスタントアプリをインストールしましょう。

設定はGoogleアシスタントアプリから行うので、ここからは『Googleアシスタントアプリ』の解説をしていきます。

MagicCubeとGooglehomeの設定

Googleアシスタントアプリを開いたら、まず右上の『…』アイコンをタップしてください。メニューが開くのでここから『設定』をタップして次へ進みましょう!

MagicCubeとGooglehomeの設定

設定ページが開くので、下の方にスクロールすると『スマートホーム』の項目があるのでこちらを選択します。現在、Google アシスタントと連携しているデバイス(スピーカー等)が表示されますね。

上画像(右)のオレンジ枠で囲っている+アイコンをタップして新しくデバイスを追加していきましょう!

MagicCubeとGooglehomeの設定

アプリケーションがいろいろ表示されますが、この中から『HomeMate』を探します!アルファベット順になっているので、『H』のところまでスクロールすると見つかるでしょう。

上画像(右)のように、HomeMateアカウントと連携する必要があるので、HomeMateアプリで登録をしたメールアドレスとパスワードでログインをしてください!

MagicCubeとGooglehomeの設定

HomeMateのアカウントで登録ができたら、上画像のように『HomeMate』アプリで登録をしているリモコンが検出されます。私の場合はエアコンリモコンとテレビリモコンを事前に登録をしていたので、この二つが表示されています。

HomeMateアプリでリモコンをまだ登録していないという方は、『HomeMateアプリでMagic Cubeから家電を登録・操作する』こちらを参考にしてまずはリモコンの登録をしていきましょう。

以上です!簡単でしょう?

いま上画像では『エアコンリモコン』と名前が表示されているので、『Ok,Google エアコンリモコンをつけて』と言うともう起動してくれます。ただ、『エアコンリモコン』ってちょっとおかしいですよね。

そういう時は、検出されたリモコンに『ニックネーム』をつけて変更をしましょう!

MagicCubeとGooglehomeの設定

先ほど登録したデバイス(リモコン)を選択すると上画像のように名前などが変更できるページへとなります。オレンジ枠で囲っている『ニックネームを設定してください』からニックネームを決めましょう!

ここでつけたニックネームがGoogle Homeへ話しかけるワードとなります。ここでは『エアコン』とニックネームを設定したので、『OK,Google エアコンをつけて』で起動できちゃうんですね。

3.対応しているエアコンメーカー一覧

Magic Cubeで操作できる主要なエアコンメーカーは以下の通りです。記載している主要メーカー以外にもかなりの種類のメーカーに対応してるので、1度アプリで確認してください。

  • 主要メーカー
    HITACHI、DAIKIN、LG、SAMUSUNG、Corona、FUJITSU、Hisense、Panasonic、SHARP、SANYO、TOSHIBA

4.Google Homeに話しかけてみる。どこまでできる?

冒頭でも同じ動画を見てもらいましたが、ここまで解説した内容で同じ事ができます。

話しかけ方の例としては、

Magic Cubeを使ってエアコンを操作する際の話しかけ方

電源のON/OFF ・「OK,Google. エアコンをつけて」
・「OK,Google. エアコンを消して」
温度の調整 ・「OK,Google. エアコンを24℃にして」
・「OK,Google. エアコンを26℃に設定して」
運転モードの切り替え ・「OK,Google. エアコンを暖房にして」
・「OK,Google. エアコンを冷房に設定して」

以上のように話しかけてみてください!Magic CubeはSmartHome Direct Actionを採用しているため直接的な指示で操作することができます。

設定は非常に簡単ので、すぐにできるスマートホーム化としては良いのではないでしょうか?

この記事で紹介した商品はこちら

ORVIBO Magic Cube
スマートリモコンORVIBO Magic Cube
Google Home Mini
スマートスピーカーGoogle Home Mini
Google Home
スマートスピーカーGoogle Home

GoogleアシスタントとMagic cubeで他にもできること・設定方法

ORVIBOの家電リモコン「Magic Cube(マジックキューブ)」と連携してGoogleアシスタントを搭載したGoogle Homeなどのスマートスピーカーから家電操作する場合には、以下のことができます。

テレビ操作
テレビ
・電源ON/OFF
・チャンネル操作×
・音量の調節×
設定リンク
照明操作
照明
・電源ON/OFF
・明るさ変更×
・色の変更×
設定リンク

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中