Nature Remoを使ってGoogle Homeでエアコンを操作する方法

スマートリモコンを使えば、いま自宅で使っている赤外線リモコンが付いている家電であれば、スマートフォンから簡単に操作する事ができたり、Google Home(グーグルホーム)から音声で操作したりする事もできます。

今回はそんなスマートリモコン『Nature Remo(ネイチャーリモ)』を使ってGoogle Home(グーグルホーム)でエアコンを操作できるようにする方法を紹介!電源ON/OFFから温度調整、モード切り替えも可能です。

Google HomeとNature Remoを連携させてできることが、下の「ENTER」から3Dで疑似体験できるのでぜひ使ってみてください。

Google HomeとNature Remo (mini)をセットした部屋が体験できる

3Dでスマートホームを体験しよう

このようにGoogle Homeと組み合わせるとエアコンだけでは無く、他の家電も操作できるようになります。今回はこのように音声で操作できるようにする方法を解説します。

1.Google HomeでNature Remoを操作するために必要なもの

  • Wi-Fiアクセスポイント
  • スマートフォンあるいはタブレット
  • Nature Remo
  • Nature Remoスマートフォンアプリ
  • Google Home(デバイス)
  • Google Homeアプリ

スマートスピーカー(デバイス)に関しては、『Google Home』『Google Home mini』どちらでも大丈夫です。

2.Google Homeアプリで『Nature Remo』を有効化する

Google HomeでNature Remoで登録したリモコンを音声で操作できるようにするには、まずGoogle Homeアプリで『Nature Remo』のリンクと連携させて使えるようにしましょう。

Google HomeアプリとNature Remoをリンクさせるには以下のように話しかけてください!

OK Google、ネイチャーリモと繋いで
ネイチャーリモとリンクされていません。Google HomeアプリでネイチャーリモとGoogleアカウントをリンクできます。

このように、Google Homeに言われます。言われた通りにGoogleアプリを開いて、Nature Remoとの連携を進みていきましょう!

Google HomeでNature Remoを使う方法

上画像(左)のように、青色の『Nature Remoにリンク』と表示されます。右下にある『リンク』をタップしてアカウントのリンクを進めていきましょう!

これでもう既にGoogle HomeアプリとNature Remoのアカウントはリンクされ、音声だけで操作ができるようになっています。ただ注意してもらいたいのが、スマートフォンアプリ『Nature Remo』の方で家電のリモコンを設定しておく必要があります!

家電の登録に関しては、下の記事を参考にしてください。

Nature Remoアプリの方でエアコンの登録を既に行っている場合は、『OK Google、ネイチャーリモを使ってエアコンをつけて』と話しかければちゃんとエアコンの電源を入れてくれます!

話しかけ方の例は以下の通りです。

電源のON/OFF ・「OK,Google. ネイチャーリモを使って暖房をつけて」
・「OK,Google. ネイチャーリモを使って暖房を消して」
運転モードの切り替え ・「OK,Google. ネイチャーリモを使ってエアコンを冷房にして」
温度の変更 ・「OK,Google. ネイチャーリモを使ってエアコンの温度を上げて」
・「OK,Google. ネイチャーリモを使ってエアコンの温度を2℃下げて」

でもただエアコンをつけるのに、『ネイチャーリモを使って』と毎回言わないといけないのは面倒じゃないですか?そういう時はルーティン機能を使いましょう!

2-1ルーティン機能で言い換え!簡単な言い方にする

Google HomeでNature Remoを使う方法

Google Homeアプリの『ルーティン機能』を使えば、やってもらいたい動作の言い換えが簡単にできます!

上画像のように、Gogole Homeアプリのメニューから最右のアイコンをタップし、『その他の設定』を選択。その後アシスタントタブの中から『ルーティン』をタップしましょう。

Google HomeでNature Remoを使う方法

ルーティン設定画面では、上画像のように登録したルーティンが一覧で表示されます。ページ下部にある+のアイコンをタップすると、新規で追加が可能です。

Google HomeでNature Remoを使う方法

こちらで新しくルーティンを追加していきます。ここでは、『自分がGoogle Homeに伝える言葉』と『その言葉の時にGoogle Homeが実行する動作』の設定です。

上画像を見てもらうとわかるように、『こう言ったとき…』に言い換えの言葉を入れます。今回の例で言えば『エアコンをつけて』です。更に『Google アシスタントによる操作…』では言わないといけない言葉を含めた動作をいれます。今回の例では、『ネイチャーリモを使ってエアコンをつけて』ですね。これを言わないと本来は動作してくれませんからね。

この設定を使う事によって、『ネイチャーリモを使ってエアコンをつけて』というワードを『エアコンをつけて』だけにする事ができるという事です!便利でしょう?

Google HomeでNature Remoを使う方法

このように複数のルーティンをあらかじめ設定しておくと便利ですよ!

2-2Google Home(グーグルホーム)で『Nature Remo』を使ってエアコンをつける

動画内では、エアコンの電源を点けただけですが、電源ON/OFF運転モード(暖房/冷房など)の切り替え温度の変更などをGoogle Homeから音声だけで行う事ができます。ルーティン機能を使う事でワードもシンプルになりますし、非常に使いやすいです!

3.対応しているエアコンのメーカー一覧

Nature Remoで操作できる対応エアコンのメーカー(プリセットのあるメーカー)は以下の通りです。「MORE」をクリックして見てみてください。ただNature Remoはリモコンの赤外線信号を利用して手動で覚えさせることもできるので対応家電一覧の中に無くても基本的に操作はできるようになります。

  • 対応メーカー
    CHOFU、コロナ、ダイキン、デロンギ、富士通、フナイ、Gree、日立、irisohyama、Kelvinator、LG、三菱、三菱重工、noritz、パナソニック、サンヨー、シャープ、東京ガス、東芝

今回Nature Reomoを使ってGoogle Homeを操作していきました。特にスマートリモコンNature Remoはエアコンの操作が得意分野なので音声だけでもいろんな操作ができるのは良いですね!

この記事で紹介した商品はこちら

Nature Remo Mini
スマートリモコンNature Remo Mini
Google Nest Hub
スマートスピーカーGoogle Nest Hub
Google Nest Mini
スマートスピーカーGoogle Nest Mini

Googleアシスタントとネイチャーリモで他にもできること・設定方法

テレビ操作
テレビ
・電源ON/OFF
・チャンネル操作
・音量の調節
設定リンク
照明操作
照明
・電源ON/OFF
・明るさ変更
・色の変更×
設定リンク

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中