eRemoteを使ってGoogle Homeで電気をつける方法

Google Homeとスマートリモコン「eRemote」があれば家中のリモコン操作の家電を一気に音声操作できるようになります。

ここでは、Google HomeとeRemoteを使って電気を点ける手順を紹介します。

まずは以下の記事を見てeRemote自体の初期設定を済ませておきましょう。この初期設置の時点でスマホアプリでの電気操作が可能になります。

まずは成功例から。実際に電気をつけてみました。

1.eRemoteアプリ「eHome」の設定

eRemoteを使ってGoogle Homeで電気を点ける方法

まずは照明を選択し、分かりやすいように「電気」と名前を付けます。

指示通りリモコンを向け、電気のON/OFF、明度の上げ下げなど、欲しい機能を学習させます。

eRemoteを使ってGoogle Homeで電気を点ける方法

すべて学習させたら、このようになりますね。

ここからはGoogle Homeアプリの設定に入っていきます。

2.Google HomeとeRemoteの連携設定手順

eRemoteを使ってGoogle Homeで電気を点ける方法

ここからはGoogle Homeアプリでスマートホームの設定をします。「追加」→「デバイスのセットアップ」→「すでにセットアップされていること~」と順番にタップ。

eRemoteを使ってGoogle Homeで電気を点ける方法

メーカー一覧からLinkJapan eHomeを選択し、指示に従ってサインインします。

eRemoteを使ってGoogle Homeで電気を点ける方法

すでにLinkJapanのeHomeアプリでセットアップされたデバイスが検知されるので、電気を選択し、家と部屋を割り当てましょう。ここで割り当てた部屋でGoogle Homeに呼びかけることになります。この画像の場合は「OK Google、オフィスの電気をつけて」というようになります。

eRemoteを使ってGoogle Homeで電気を点ける方法

ここまでで一通りの設定は終わりです。アプリのトップに戻ると、割り当てたオフィスにデバイスが追加されているのが分かります。

eRemoteを使ってGoogle Homeで電気を点ける方法

そしてここからはルーティンの作成です。上の「オフィスの」とイチイチいうのが面倒なので、「電気つけて」の一言でONになるように設定します。

「設定」→「その他の設定」→「ルーティン」をタップ。

eRemoteを使ってGoogle Homeで電気を点ける方法

画像のように、「電気つけて」の一言で動作するよう設定したらOK。

3.Google Homeで実際に電気をつける音声コマンド

電源のON/OFF ・「OK,Goole. 電気をつけて」
・「OK,Goole. 電気を消して」
温度の変更 ・「OK,Goole. 電気を暗くして」
・「OK,Goole. 電気を明るくして」

このように設定することで、冒頭で見てもらった動画のように電気を操作することができます。eRemoteとGoogle Homeで電気をつけるようにする設定は簡単でした!他にも、テレビやエアコンも操作できるようになるのでそちらもチェックしてみてください。

この記事で紹介した商品はこちら

Google HomeとeRemoteで他にもできること・設定方法

テレビ操作
テレビ
・電源ON/OFF
・チャンネル操作×
・音量の調節×
設定リンク
エアコン操作
エアコン
・電源ON/OFF
・温度調節
・モード変更
設定リンク

注目今1番オススメする記事

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

Smartio-store

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




家電おすすめ記事