Google Homeで伝言やメモを残す方法

Google Homeに話しかけてメモを取る方法をご存知ですか?実はGoogle Home独自の機能である「覚えておいて」機能の他に、様々なアプリを利用して音声だけでGoogle Homeにメモを残す方法があるんです!

スマートフォンやPCでメモを取ったほうが早い気持ちも理解出来ますが、例えばキッチンで料理している最中や、掃除中、どうしても手が放せない時などにGoogleHomeに話しかけるだけで、予定やメモを保存出来るのはとても実用性が高く、便利です。

使い方次第で、生活がより豊かになるGoogle Homeの機能、ここでは「メモに残す方法」を紹介していきます!

「覚えておいて」コマンド
Google Homeで伝言をメモに残す方法
予算デフォルト機能無料
  • メリット・デメリット
  • 基本機能で設定いらず
  • 保存・消去が簡単
  • 最大3つまで!
IFTTTでEvernoteに保存
Google Homeで伝言をメモに残す方法
予算アプリ利用無料
  • メリット・デメリット
  • 素早くnoteに保存出来る
  • 複数人で確認出来る
  • IFTTTの設定が少し面倒
IFTTTでWunderlistに保存
Google Homeで伝言をメモに残す方法
予算アプリ利用無料
  • メリット・デメリット
  • 複数人で確認出来る
  • UIが分かりやすい
  • タイムラグがある

使える機能の中でも、メリット・デメリットを充分に理解して使用しましょう!

設定いらず!Google Homeのデフォルトの機能を使って伝言やメモを保存する方法・手段

1.Google Homeの「覚えておいて」コマンドでメモの保存

Google Homeの「覚えておいて」コマンドでメモの保存

Google Home(Google assistant)のデフォルトの機能には「◯◯を覚えておいて」と言うと「わかりました、次のように覚えておきます。◯◯」と話します。メモを聞き直したい場合「ねえGoogle何て覚えてる?」と質問すると、覚えていることを回答してくれるので、簡単メモ機能として利用できます!

音声でのメモの管理は出来るようになりますが、この「覚えておいて」コマンドのメリット・デメリットは下記の通りです。

  • メリット
  • 誰でも簡単にメモを保存することが出来る
  • 同時に、誰でもメモを聞きなおす事が出来る
  • デメリット
  • 最大3つまでしかメモを覚えておくことが出来ない
  • 忘れてとお願いすると、全てのメモを消去されてしまう

「覚えておいて」コマンドの簡単な設定方法手順

  • STEP.1
    Google home「覚えておいて」コマンドの簡単な手順

    OK,Google◯◯って覚えておいてとお願いするとメモしてくれます

  • STEP.2
    Google home「覚えておいて」コマンドの簡単な手順

    わかりました次のように覚えておきますと言って最大3つまで覚えることが出来ます

  • STEP.3
    Google home「覚えておいて」コマンドの簡単な手順

    OK,Google忘れて!とお願いすると覚えたことを消去してくれます

  • STEP.4
    Google home「覚えておいて」コマンドの簡単な手順

    しかし、消去すると3つ全て消えてしまいます。4つ目のお願いをすると古いものから順に消去されます

上記を踏まえ、まずは実際にGoogle Homeに「覚えておいて」と話しかけてみましょう。誰でも簡単にメモを取ることが出来ますよ!

IFTTTから設定してGoogle Homeで伝言やメモを残す方法・手段

2.Google homeでIFTTTを使ってEvernoteにメモを取る方法・設定手順

Google homeでIFTTTを使ってEvernoteにメモを取る方法

Google Homeの最大の魅力であるIFTTT連携して、音声でEvernoteにメモを残す方法を紹介していきます!メモを残す仕組みは上記の画像のように、GoogleHomeにメモをとってとお願いする▷IFTTT経由でEvernoteにメモを送信▷Evernoteにメモが保存されるという流れになります。

このIFTTTを使ってEvernoteにメモを取る方法ですが、想定されるメリット・デメリットは下記の通りです。

  • メリット
  • 素早くnoteに保存出来る
  • 同アカウントを使用すると複数人で確認出来る
  • デメリット
  • IFTTT側の設定が少し面倒で分かりづらい(英語表記)

IFTTTのアプリ内の設定が全て英語表記になっているので、最初は少し戸惑うかもしれませんがそんなデメリットを解消出来るよう、日本語で設定方法を紹介しているので是非参考にしてください。

IFTTTを使ってEvernoteにメモを取る方法の簡単な設定方法手順

  • STEP.1
    IFTTTを使ってEvernoteにメモを取る方法の簡単な設定方法手順

    IFTTTとEvernoteの連携をする

  • STEP.2
    IFTTTを使ってEvernoteにメモを取る方法の簡単な設定方法手順

    IFTTTからGooglehomeに◯◯と言ったらメモを残す設定をする

  • STEP.3
    IFTTTを使ってEvernoteにメモを取る方法の簡単な設定方法手順

    設定した言語でGoogle homeに話しかける

  • STEP.4
    IFTTTを使ってEvernoteにメモを取る方法の簡単な設定方法手順

    Evernoteにメモが保存される、確認出来る

3.Google homeでIFTTTを使ってメモをWunderlist(ToDoリスト)に追加する方法

Google homeでIFTTTを使ってメモをWunderlist(ToDoリスト)に追加する方法

Wunderlistを使ってTodoリストを保存する方法を紹介していきます!こちらも、先程のEvernoteに保存する方法と同様、IFTTT連携して、音声でメモを残す方法です!メモを残す仕組みは上記の画像のように、GoogleHomeにメモをとってとお願いする▷IFTTT経由でGmailからWunderlistにメモを送信▷WunderlistにTodoリストのメモが保存されるという流れになります。

このIFTTTを使ってWunderlistにメモを取る方法ですが、想定されるメリット・デメリットは下記の通りです。

  • メリット
  • アプリのUIが分かりやすくメモ機能としては抜群
  • 同アカウントを使用すると複数人で確認出来る
  • デメリット
  • Googlehomeから音声で呼びかけてからメモが保存されるまで1分程度のタイムラグがある
  • IFTTT側の設定が少し面倒で分かりづらい(英語表記)

IFTTTからGmailを使ってWunderlistにメモを保存するので、1分程度タイムラグがあるのは仕方がないといえば、仕方がないです。すぐにメモを共有したい人にはあまりオススメしませんが、急を要しない方には全く問題ないデメリットだと思います!

合わせて、IFTTT側の英語表記の設定画面ですが、誰にでも分かるように日本語で解説してるので是非参考にしてくださいね!

IFTTTを使ってWunderlist(ToDoリスト)にメモを取る方法の簡単な設定方法手順

  • STEP.1
    IFTTTを使ってWunderlist(ToDoリスト)にメモを取る方法の簡単な設定方法手順

    WunderlistとGmailの連携をする

  • STEP.2
    IFTTTを使ってWunderlist(ToDoリスト)にメモを取る方法の簡単な設定方法手順

    GmailからテストでWunderlistにメールを送る(連携確認)

  • STEP.3
    IFTTTを使ってWunderlist(ToDoリスト)にメモを取る方法の簡単な設定方法手順

    IFTTTからGoogle homeとGmailの設定を行う

  • STEP.4
    IFTTTを使ってWunderlist(ToDoリスト)にメモを取る方法の簡単な設定方法手順

    Google homeに話しかけると、WundelistにTodoリスト(メモ)が保存される

この記事で紹介した商品はこちら

合わせて読みたい記事はこちら

注目今1番オススメする記事

ボイスロボプロジェクト

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

どのスピーカーがいいのか悩んでる方...

Smartio-store

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




家電おすすめ記事