Google Homeで『TP-Link WiFi スマートプラグ 』を操作する方法!

Google Homeと「TP LINK WiFi スマートプラグ」を連携してみました!

スマートプラグとは、コンセントと家電などの間の中継機の役割を果たし、スマホアプリなどからON/OFFの切り替えをする事ができる機器です!ただ物理的にON/OFFが切り替えられるスイッチがあるものに限ります!(例えば、足元でボタンをおすような間接照明、扇風機、除湿機、加湿器等です。)

まずは実際に試してみた動画をご覧ください!

今回はデスクの上に置く卓上ライトを使って検証してみました!

1.スマートプラグTP-linkを操作するために必要な物と手順

Google Homeから音声操作するために必要なもの

スマートプラグ『TP-link』を音声操作するために必要なものとしては以下のものです。

  • スマートプラグTP-link(プラグ本体)
  • Google Home(スピーカー本体)
  • Kasa Smartスマートフォンアプリ
  • Google Homeアプリ

以上の物が必要となります。本体がいる事はもちろんですが、基本的な設定はKasa Smartアプリで行うので、注意してください。

解説に入る前に設定をする際の手順を簡単にまとめています。

設定手順

  • Kasa Smartアプリでプラグを設定してスマホから動作できるようにする
  • Google HomeアプリでGoogle HomeとTP LINKを連携させる
  • Google Homeに話しかけて動作できるようになる

以上の流れで解説を進めていきます。では、まずは『Kasa Smart』アプリの設定から進めていきましょう!

2.Kasa SmartアプリでスマートプラグTP-linkを設定

まずTP-linkが提供しているKasa Smartアプリにスマートプラグを登録してスマホから動かせるようにするために、アプリから設定を行っていきます。まだアプリをインストールしていない方は下のリンクからもインストールできます!

TPlinkとアマゾンエコーの設定方法

まずはアカウントの登録をしましょう。まだアカウントを持っていない方は上画像(中)の赤枠で囲っている『アカウントを作成』をタップして次のページへ進んでください!既にアカウントを持っている方はそのままログインしましょう。

新規登録の方は上画像(右)のページが表示されるので、『メールアドレス』と『パスワード』を入力してアカウントを作成してください。入力したメールアドレス宛にメールが送られてくるので確認をして本登録を済ませておきましょう。

TPlinkとアマゾンエコーの設定方法

さっそくデバイス(端末)の登録をやっていきましょう!上画像(左)の赤枠にある+アイコンをタップして、「端末を追加」を選択し、次のページへ進んでください。

その後は、スマートプラグを選びます。

TPlinkとアマゾンエコーの設定方法

そうすると、上画像のように端末の種類がたくさん表示されるので、その中から『スマート プラグ「ライト」/「ミニ」』があるのでそちらを選択して次に進みましょう。他の端末を選択してもうまく登録できないので注意してください!

TPlinkとアマゾンエコーの設定方法

続いては、スマートフォンなどのWi-FIを通じて操作ができるように設定を行っていきます。『遠隔操作開始同意文』に同意をしたら、スマートプラグTP-linkをコンセントに差し込んで電源を入れてください。

Wi-Fiライトが青とオレンジ色交互に点滅しだしたら「オレンジと青色」をタップして設定を始めましょう。

TPlinkとアマゾンエコーの設定方法

続いては、スマートフォンとスマートプラグをWi-Fiで接続をします。上画像(左)のページが表示されましたら、スマートプラグTP-linkのWi-FiがONの状態です。そのため、スマートフォンのWI-Fi設定画面にいき、『TP-LINK_Smart Plug-××××』を探して接続をしてください!

TPlinkとアマゾンエコーの設定方法

接続が完了したあとは、Kasa Smartアプリに戻りましょう。戻ると上画像(左)のページに切り替わるので端末名を決めましょう。こちらは呼びやすくわかりやすい名前にしておいた方が良いです。ちなみに今回は『ライト』という名前にしています

端末名を決めた後はアイコンの選択をします(上画像中)。

アイコンを選択したのちは、TP-linkを自宅Wi-Fiに接続しましょう。こちらは普段使っているWi-Fiネットワークで問題ないですが、以下の点だけ注意してください!

設定および利用する際の注意点

スマートプラグTP-linkは2.4GHzにのみ対応しています!5GHzには未対応です。環境によって異なりますが、「Buffalo-A-✕✕✕」や「Buffalo-G-✕✕✕」のように『G』と『A』とある場合は『G』が2.4GHzとなっています。

ここまでの設定でスマートフォン上でON/OFFの切り替えができるようになっているので試してみてください!

以上でKasa Smartアプリからの設定は完了です。残るはGoogle Homeからの連携となります。

3.Google HomeアプリでTP-linkとGoogle Homeを連携させる

設定はあと少しです。頑張りましょう!次はGoogle Homeアプリからの設定を行います。

TPlinkとGoogle Homeの設定方法
  • Google Homeアプリのホームにある「追加」をタップ
  • メニューの中の「デバイスのセットアップ」をタップ
  • 「セットアップ済みデバイスのリンク」ををタップします。
TPlinkとGoogle Homeの設定方法

デバイスの追加画面は連携できるアプリがずらーっとABC順に並んでいます今回追加する「TP-LINK Kasa」はTなのでかなり下までスクロールしなければ見つけられません!

  • デバイスの追加画面で「TP-LINK Kasa」を選択
  • Kasaアプリで作成したアカウント情報を入力して「承認」をタップ
  • 完了画面になり「OK」をタップで終了です!

スマートプラグの名前を「デスク」や「テーブル」などに変更すると「OK,Googleデスクの電気消して~」と、家族に話しかけように言えるのでとってもおすすめです!

まとめ

このTP-LINKが人気な理由が、日本のコンセント(2口タイプ)に対応したPSEマーク取得済みの製品という事!少し設定に手間がかかりますが、海外製品でよくある3口タイプのプラグよりも変換器を買う必要がないので結局、TP-LINKだけ買っちゃえばお得にスマートホーム化が可能なんです!

ちなみに、余談ですがTP-LINKの公式サイトでも購入は可能ですが、お値段が5,200円(税込)します。Amazonのセール時などを狙うと3,700円程度で購入出来るので値段を見比べてから購入してくださいね!

冒頭でも少し紹介しましたが、間接照明や卓上ライト等はこのTP-LINKで便利に使用できますが、出来ることなら電気は家電リモコンに任せてしまって、家電リモコンで操作できない「扇風機」や「除湿機」「プラズマクラスター」などの家電を音声で操作するのが1番おすすめです!

この記事で紹介した商品はこちら

TP-Link スマートプラグ
スマートプラグTP-Link スマートプラグ
Google Home
スマートスピーカーGoogle Home
Google Home Mini
スマートスピーカーGoogle Home Mini

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中