SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

Google Homeに非対応な家電でも音声で操作したい・・・!そんなときに役に立つのがSwitchBot(スイッチボット)。

これがあればどんなモノでもスイッチを押して起動するものであれば音声で操作できるようになります!

実際に使ってみるとこんな感じに。

ここでは、SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法・手順を詳しく紹介します。

1.SwitchBotとは

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

SwitchBotとは、自動のボタン押しロボット。Google Homeと連携することで、音声でボタンのON/OFFができるようになります。

SwitchBotで家電を操作するために必要なもの

まず前提といて、SwitchBotを使うにはSwitchLink(スイッチリンク)というそのハブ(echoとSwitchBotの中継器)が必要です。さっきの写真の左側の雲の形のやつがそうです。それを踏まえたうえで、以下のものが必要です。

  • ・SwitchBot(スイッチボット)
  • ・SwitchLink(スイッチリンク)
  • ・スマホ用SwitchBotアプリ
  • ・IFTTT

では、実際に手順を見てみましょう。

2.Google Homeと連携させる方法・手順

音声で自動化するには大まかに以下の手順を踏みます。

  • SwitchBotアプリ設定
  • IFTTTの設定
  • Google Homeアプリの設定
  • SwitchBotアプリでGoogle Homeと連携

SwitchLink設定

まずはSwitchLinkの裏面にあるスイッチがAUTOになっていることを確認。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

電源を入れただけの状態だと以下のような赤色に光ります。この時はまだペアリングされていません。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

また、スマホのBluetoothはオンにしておきましょう。オンにするだけでSwitchBotの方はペアリングできます。

SwitchBotアプリ設定

次にSwitchBotのアプリの設定に入ります。まずはアプリをダウンロードしてください。まだの人は以下のリンクからできます。

アプリを開いたら以下の手順で設定します。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

まずは 左上のメニューからログインですが、はじめての人はここでアカウントを作ることになります。メールアドレスとパスワードを入力後、そのメールアドレスに送られてきた確認コードを入れれば完了。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

アカウントができましたら再度ログインしてまたメニューから最下のHubの追加をタップ。画像真ん中の指示に従い、冒頭でAUTOにしたSwitchiLinkの裏側のスイッチを今度はONにします。無事ハブを検出したら、自宅のWi-Fiのパスワードを入れると接続完了です。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

アプリのホームに戻るとSwitchBotのほかにSwitchLinkを確認できますね。

ちなみにSwitchLinkがネットにつながると下のように虹色に光ります。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

IFTTTの設定

Google HomeとSwitchBotを連携するには、IFTTTを使います。IFTTTとは、○○をしたら△△をする、といったふうに、2つのサービスを繋げてくれるものです。ここでは、「Google Homeに声を掛けたらSwitchBotを操作する」というふうに設定します。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

まずは、さきほどのSwitchBotアプリのホーム画面から、SwitchBotの下の設定歯車をタップ。中に入ると下の方にIFTTTという項目があるのでこれをONにします。ちなみにここで任意の名前に変えられます。Google Homeに話しかけるときにここの名前を使うので、呼びやすい名前に変えときます。今回は「スイッチ」にしました。

今度はIFTTTの設定です。まずはIFTTTのアプリをダウンロードしましょう。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

アカウントを作りましょう。IFTTTは今回のほかにもかなり使い道がありますので、ぜひご活用ください!

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

アカウントができましたら、メニューの「My Applets」をタップ。右上の「+」から、New Appletを作成します。(画像左)

まずはトリガーと呼ばれる「this」を設定します。ここは、「○○をしたら△△をする」の「○○をしたら」の部分ですね。Googleと検索して出てくるGoogle Assistantを選択。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

トリガーは「Say a simple phrase」を選択します。

トリガーの内容の設定をします。ここでは実際にグーグルホームに話しかける言葉を設定します。

今回は上の画像のように設定していますが、付けたい名前をトリガーにすればOKです。例えばリビングの電気を点けたいなら「リビングの電気をつけて」でもOKです。最大3通りの呼び方を設定できます。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

次にトリガー内容の設定です。「that」にあたるアクションにはスイッチボットを指定します。同じく検索したら出てきます。

SwitchBot(スイッチボット)を使ってGoogle Homeで家電を操作する方法

アクションは以下の3種類がありますが、今回はスイッチを押す動作にしたので、「Bot turn on」を選択しました。

Connectを押すと、SwitchBotのサービスへ接続する必要があります。SwitchBotアプリで登録したIDとパスワードでログインします。

ここまでで一通りの連携は完了。

なお、呼びかけは「OK Google、スイッチ(任意の名前)を入れて」です。IFTTTで違う名前で設定することで、「OK Google、子ども部屋の電気をいれて」や、「OK Google、コーヒーをいれて」が可能になります。

なお、時々トラブルでSwitchBotアプリをインターネットにつなぐ時、SSIDが見つからずにエラーが出る場合があります。アプリ側のバグだと思われますが、このエラーが出たら回線を変えるか1回アプリを落としてやり直すと解消されました。

いよいよGoogle Homeで動かしてみます。結果は下の動画。無事電気をつけられました!

3.Google Homeでコーヒーを淹れてみた!

SwitchiBotを使えば、こんなことができます。

この記事で紹介した商品はこちら

スマートホーム化はここから!是非お試しください!

注目今1番オススメする記事

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

Smartio-store

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




家電おすすめ記事