Meross スマート電源タップの初期設定方法と使い方

4口とUSBポート4つを搭載したスマート電源タップ。個別にコントロールも可能で、音声アシスタントにも対応。このマルチ機能でリーズナブルなMerossスマート電源タップ。

ここでは、初期設定方法を図解します。

併せてシーンやスケジュール設定も紹介します。

1.Merossスマート電源タップを使うために必要なもの

Meross スマート電源タップ

Meross スマート電源タップの初期設定に必要なものは以下。

  • Meross スマート電源タップ本体
  • Merossアプリ
  • コンセント挿すと自動でONになる家電

2.Meross スマート電源タップの初期設定手順

まずは専用アプリ「Meross」をダウンロードしましょう。以下からできます。

ダウンロードしたら、会員登録しましょう。アドレスとパスワードでOK。確認のメールは来ません。

Meross スマート電源タップ

会員登録が終わったら、デバイスを登録します。画面右上の「+」をタップし、該当のデバイスを選び進めます。

Meross スマート電源タップ

1度MerossのWi-Fiにスマホを接続します。同期が完了した後は、お使いの部屋のWi-Fiネットワークに繋ぎます。スマホと同じWi-Fiに繋ぎましょう。この辺りは、指示に従えば問題なく進みます。

設定および利用する際の注意点

RS-WFIREX3/4は2.4GHzにのみ対応しています!5GHzには未対応です。環境によって異なりますが、「Buffalo-A-✕✕✕」や「Buffalo-G-✕✕✕」のように『G』と『A』とある場合は『G』が2.4GHzとなっています。

Meross スマート電源タップ

接続したら、デバイスの名前を決めます。分かりやすい名前にしましょう。その後、アイコンを選んで初期設定は終了です。

Meross スマート電源タップ

コンセント口も個別に名前の変更はできるので、接続する機器を決めた後にでも変更するといいでしょう。

これで、スマート電源タップをスマホから操作できるようになりました。操作の様子は以下。

続いて、使いこなすととっても便利なシーン設定とスケジュール設定に入ります。

3.Merossのシーン設定

Meross スマート電源タップ

アプリの下メニューから「使用シーン」を選択し、右上の「+」をタップ。

使用シーンに使うアイコンを選び、コントロールする内容を決めましょう。アイコンは8種類。外出、帰宅、起床、就寝、映画鑑賞、食事、パーティ、それからカスタマイズがあります。

今回は、外出と起床を設定してみました。

複数のデバイスがあれば、これで一括操作できます。

4.Merossのスケジュール設定

先ほど設定したシーンをスケジューリングやタイマー設定できるのがこの機能。 Meross スマート電源タップ

アプリの下メニューから「スケジュール設定」を選択し、右上の「+」をタップ。

スケジュールかタイマーを選択し、使用するデバイスおよびシーンを選びます。

Meross スマート電源タップ

曜日と時間を設定し、名前を付ければスケジュールメニューの出来上がりです。これは、「毎週平日の7時半にすべてONになる」という設定です。

工夫すれば、「子ども部屋のスタンドライトの消灯」「出勤後の一括OFF」「平日の朝にコタツと電気ケトルをON」など、生活に沿った設定が可能ですね。

音声アシスタントと連動させる方法は以下。

このMeross電源タップはかなり珍しいLINE Clova対応製品。Clova含め、各種音声アシスタントとの連動方法を以下の記事で紹介してます。

この記事で紹介した商品はこちら

注目今1番オススメする記事

ボイスロボプロジェクト

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

どのスピーカーがいいのか悩んでる方...

Smartio-store

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索