スマートスピーカーのウェイクワードを変える方法

スマートスピーカーを起動させるトリガーとなる言葉がウェイクワード。「アレクサ」「オッケーグーグル」「クローバ」「ヘイ、シリ」などがそうです。

実は、Amazon Alexaのみ、この言葉を変更できます。

カラオケできる音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova

なお、LINE Clovaもデバイスによっては「クローバ」と「ねぇクローバ」を選べますが、微々たる違いなのでここでは詳しい紹介を省きます。

スマートスピーカーのウェイクワードを変更できる

ウェイクワードを変更

例えば家に複数台のスマートスピーカーを置き、それぞれ運用するアカウントが異なる場合、ウェイクワードがかぶらないようにすることで混乱を防ぐことができます。

カラオケに必要なアイテム
スマートスピーカー

変更できるウェイクワードの種類

Amazon Alexaでは、以下の4つから好きなウェイクワードを選べます。

  • アレクサ(Alexa)
  • アマゾン(Amazon)
  • エコー(Echo)
  • コンピューター(Computer)

もちろんデフォルトはアレクサです。

ウェイクワードを変更

できること「コンピュータ」に変更してSF映画気分を味わう

「コンピュータ」と呼びかけることで有名なスター・トレック。アレクサをコンピュータに変えて、この名作SF映画気分を味わうというコアな楽しみ方も可能です。

ちなみに、アレクサのウェークワードに「コンピュータ」が採用されたのはこの映画がキッカケだったのだとか・・・。

変更方法は簡単です。

Amazon Echoウェイクワード変更方法

上画像にもあるように、デバイスページから下の方にスクロールをしていけば「ウェイクワード」の項目があるので、こちらをタップして次のページへ進みましょう!

分からない方は以下の記事で手取り足取り手順を解説しています。

活用シーン

  • 飽きたら変更

    ウェイクワードに飽きたら変更!気分に応じて同居人の呼び名を変えましょう

  • デバイスで変える

    デバイスごとにAmazonアカウントを変える場合ウェイクワードも変更!

ウェイクワードを変更できるアイテムはこれ

Amazon Echo シリーズ
搭載音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri
Amazon Alexaの魅力
POINT.1安価でシリーズ端末が多い

Amazon echoシリーズは数多くあり、自由に組み合わせられるのが一番の魅力です。

POINT.1安価でシリーズ端末が多い

Amazon Echo Dot

Amazon Echoシリーズは、シリーズデバイスの多さが魅力です。安価なEcho dotから、1万円を切るディスプレイ付きモデルのEcho Show 5、高音質のEcho Showなど、その部屋に合ったデバイスを自由に選べるという強みがあります。

例えばメインのリビングにはディスプレイ付きで音がいいEcho Showを置き、子ども部屋や寝室にはEcho dotを置く。こうすれば、比較的安く家中にスマートスピーカーを置けます。

それぞれ、メインで使う主が言いやすいウェイクワードに変更するもよし。他と違うウェイクワードだと愛着もわきやすいかもしれませんね。

Echoシリーズの最安モデルはこれ Amazon Echo Dot

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中