EchoShow5

お風呂の湯はりを遠隔操作!帰宅後すぐに入浴するためのIoTガジェットライフハック

帰ったらすぐにお風呂に入りたいけど、帰宅後に風呂掃除をして湯はりをすると、早くても20分くらいかかっちゃいます。

この20分の時間内に着替えてちょっと一息つくと、もうすでにお風呂が面倒になってしまって・・・。

帰ったらお風呂が沸いてる状態で待っててくれたらいいのに、という方に、IoTの力を使ったライフハックを紹介します。

Switch botで解決

Switch botというのは、物理的にボタンを押してくれるIoTガジェット。

Switch bot

スマホの専用アプリから遠隔でボタンをプッシュでき、スマートスピーカーと連携も可能です。

Switch bot

必要なのは、Switch botとWi-FiのハブになるSwitch Link(雲の形のやつ)。

1つのSwitch Linkには複数のSwitch botを接続できるので、お風呂の他にも、例えば扇風機やこたつや空気清浄機など、いくつか設置したほうが費用対効果は上がります。

これをお風呂の湯はりボタンにつけて・・・あっ!!

Switch bot

先に言っておきますが、湯はりの自動化には条件があります。

  • ボタンで湯はりできるタイプのお風呂であること
  • 事前のお風呂掃除は先にやっておくこと

上の条件さえクリアすればお風呂の自動化が可能です。風呂掃除は、毎回入浴後に行う習慣をつけると楽です。(そうでもしないとこのライフハック意味ない)

これが実際の我が家の様子。スマートスピーカーとも連携させ、「アレクサ、お風呂いれて」で動作するようにも設定してます。特に冬はすこぶる楽。

ちなみに我が家ではお風呂の湯はりボタンのほかに、デロンギのオイルヒーターでSwitch botが活躍中。他事例集もこちらの記事で紹介してます。是非ご一読を。

この記事で紹介した商品はこちら

注目今1番オススメする記事

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

どのスピーカーがいいのか悩んでる方...

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




おすすめの家電操作