smartio3d

「アレクサ、チキンはまだ大丈夫?」食材を5倍長く真空保存するSilo(サイロ)が凄い!

2019.2.14

「Silo」は、プラスチックの専用容器に食材を入れ、ワンタッチで真空状態にできる保存システム。Alexaを搭載し、「アレクサ、チキンはまだ大丈夫?」などと尋ねると、「まだ5日は大丈夫です」などと答えてくれる超超超優れもの。

silo

ワンタッチ真空技術を活用し、食品を2〜5倍長持ちさせる真空シールコンテナシステムを採用。5倍ってすごくないですか?

silo

「Silo」は本体の上に蓋をセットしたコンテナを置き、一度上からコンテナを本体に押しつけるだけで後は自動で「Silo」がコンテナの中の空気を抜いて真空にして自動的に止まってくれる上に、真空にできたかどうかは前面のディスク例に表示される様になっています。

silo

とにかくすごいのは保存力。これはまじでありがたい!

silo

従来の保存方法と比べると分かるこの保存力。下の段がSiloの実力です。

silo

専用のアプリで食材のトラッキング(いつ作って保存したか?いつ購入したものか)ができる他、マメに食材管理をされる方であれば、冷蔵庫の中の食材の一覧と賞味期限を入れておけば、食材を効率的に使う事ができますね。

これならスーパーで「コレうちにあったっけ~~~~・・・。いやなかったような~~~・・・。」と迷うこともなくなりますね。

Alexa搭載なので、デリッシュキッチンやクックパッドスキルと併用することで、使った方がいい食材を使い切るためのレシピも相談できるという離れ業も。

Siloアプリとアレクサを連携させることで、アレクサに問いかけて食材の在庫の有無を確認できたりもします。最高ですね。

価格はパントリーと専用タッパー4つのセットで175ドルから。Kickstarter上で販売されており、米国以外ではサポート体制が限られているようですが、日本を含む45カ国に向け19年の7月から出荷される予定です。

久々に大当たりガジェットの予感。

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

どのスピーカーがいいのか悩んでる方...

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




おすすめの家電操作