アマゾンセール

Amazon EchoをiCloudカレンダーと連携させてタスク・スケジュール管理をする方法

Amazon Echo(アマゾンエコー)では、天気情報やニュースを教えてくれるだけでは無く、自分がカレンダーに追加した予定やタスクなどを確認、追加を行う事もできます。声だけで今日1日のスケジュールだったり、次に入っている予定を確認でき、声をかけるだけでスケジュールを追加できればわざわざスマホをいじる必要もありません

そこで今回は、iPhoneユーザー、Macユーザー必見のiCloudカレンダーとAmazon Echoを連携させる方法を紹介しましょう。

その前に、実際にAmazon Echoでスケジュールの確認と追加を試してみたので下の動画をご覧ください。

このように、Amazon Echoで簡単にスケジュールの確認、追加ができる優れものです。ではこれができるようになるまでの手順を紹介していきます!

1.タスク・カレンダー管理をするために必要なもの

  • Wi-Fiアクセスポイント
  • スマートフォンあるいはタブレット
  • Amazon Alexaアプリ
  • Amazon Echo(デバイス)
  • iCloudアカウント

iCloudと連携させてタスク・カレンダーの管理をするためには以上の物が必要になります。

Alexaアプリから設定を行っていきますが、スキルの追加は必要ありません。iCloudアカウントがあれば簡単に同期できちゃいます。

1-1AlexaアプリからiCloudアカウントを連携させる

iCloudカレンダー連携方法

iCloudアカウントと連携させるには、Amazon Alexaアプリから設定を行っていきます。Alexaアプリの左上からメニューを開き「設定」を選択します。設定ページから「カレンダー」を選択してください。そうすると上画像の右側と同様に、『Google』『Microsoft』『Apple』を選択するページが開きます。

今回はiCloudカレンダーとの連携方法なので『Apple』を選択してください!

iCloudカレンダー連携方法

『Apple』を選択すると上画像のページが開きます。iCloudカレンダーを設定するには『2ファクト認証設定』をオンにしておく必要があるので注意してください。

iCloud2ファクト認証設定をオンにしていない方は

iCloud2ファクト認証方法

iCloud2ファクト設定をするには、iPhoneの『設定』から名前とiCloudアカウント名が書かれている箇所をタップしてください。その後『パスワードとセキュリティ』を選択し、『2ファクタ認証』を”オン”にしましょう。

以上でiCloudの2ファクト認証は完了です。引き続きiCloudカレンダーとの連携方法を紹介していきます。

1-2iCloudで連携するためのApp用パスワードを生成

iCloudカレンダー連携方法

2ファクト認証をオンにした後は、Alexaアプリに戻り青色の『続行』ボタンをタップしてもらうと上画像のページが開きます。

こちらではiCloudアカウントとAppを繋ぐためのパスワードを生成する必要があるとの事です。ページにも記載されている「 appleid.apple.com」こちらのページからパスワードが生成できるためこちらにアクセスしてください。

iCloudカレンダー連携方法

アクセス後はご自身のAppleIDとパスワードを入力してログインをしてください。2ファクト認証が行われるため、右画像のように6桁の数字がiPhoneに届きます。こちらを入力してログインを完了させてください!

iCloudカレンダー連携方法

ログイン後は上画像(左)のページが表示されます。こちらから「セキュリティ」を選択し、App用パスワード項目内にある『パスワードを生成』をタップしてください。

iCloudカレンダー連携方法

そうすると上画像のページが表示されます。パスワードのラベルを入力とありますが特に決まりはありません(私はAmazonEchoで登録しました)。入力後に青色の『作成』ボタンをタップすると、右画像のようにパスワードが生成されます。こちらのパスワードをメモ、もしくはコピーしましょう!

1-3Alexaアプリでパスワードを入力し連携完了させる

iCloudカレンダー連携方法

パスワードが生成できたら、再度Alexaアプリへと戻ります。先程「appaleid.apple.com」へアクセスしたページから青色の『続行』ボタンをタップしてください。その後iCloudアカウントにサインインページへと移るため『AppleID』と先程生成した『AppleのApp用パスワード』を入力しましょう!

※パスワードに関してはハイフン(-)を含めて入力してください。

入力が完了した後に青色の『サインイン』ボタンをタップして上画像(右)のページになればiCloudアカウントとの連携は完了です!

よしこれで連携したからもう使えるぞ!と思っても実はまだ使えないんです。AmazonEchoに話しかけても『追加できるカレンダーがありません。』みたいな事を言われてしまいます。もちろん私の体験談です…

アカウントの連携が完了した後はAlexaに登録するカレンダーを選択しなくてはいけないのです!

iCloudカレンダー連携方法

Alexaアプリのメニューから『設定』▷『カレンダー』のページ(上の方で見てもらったGoogle,Microsoft,Appleが選択できるページ)で、オレンジ色の枠で囲っている箇所からAlexaに登録するカレンダーを設定します。これをすることでAmazon Echoに話しかけるだけでスケジュールの確認、追加が行えるという事です!

2.Amazon Echoに話しかけてスケジュールを確認、追加してみる

Amazon EchoでiCloudカレンダーに登録しているスケジュールやタスクは以下の話しかけ方で確認、追加する事ができます。

カレンダーの確認、追加する際の話しかけ方

  • アレクサ、今日の予定は?
  • アレクサ、次の予定は?
  • アレクサ、明日のスケジュールは?
  • アレクサ、◯◯日のスケジュールは?
  • アレクサ、スケジュールを追加して。

基本的にスケジュールを確認する場合は、iCloudに予定が入っていれば日付や曜日を指定してあげる事で教えてくれます。ちなみに、日付では無く『今日・明日の予定は?』や『次の予定は?』などの聞き方でも問題ないです!

スケジュールの追加に関しては冒頭の動画でも見てもらいましたが、以下のような話しかけ方でスケジュールが追加できます。

アレクサ、スケジュールを追加して。
分かりました。日時を指定してください。
◯月◯日(明日などでも可)
何時ですか?
午後5時(または17時でも可)
何というタイトルにしますか?
家族とご飯(自由に設定可)
『◯月◯日午後5時に家族とご飯』ですね?
はい。
はい、追加しました。

以上の流れでGoogleカレンダーにリアルタイムでスケジュールが追加されます。

Amazon EchoをiCloudと連携させてスケジュールの確認、追加をする方法は以上にはなりますが、カレンダーを同期することで誰でもAmazon Echoに聞けば話してしまうので誰かと共有して1つのAmazon Alexaアカウントを使う場合は注意しましょう!

また、スケジュールの削除はAmazon Echoからでは行うことができません。スケジュールを削除する場合は直接iCloudカレンダーから削除をするようにしてください。

iPhoneを使っている方も多く、デフォルトで入ってる『カレンダー』を使ってる方も多いのではないでしょうか?iCloudとカレンダーを同期させておく事で簡単にできるので、Amazon Echoでより便利で快適な生活を目指している方は試してみてはいかがでしょうか?

この記事で紹介した商品はこちら

合わせて読みたい記事はこちら

LOAD MORE

注目今1番オススメする記事

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




家電おすすめ記事