ePlug(スマートプラグ)の初期設定方法を解説

今回は、Link Japnaのスマートプラグ「ePlug」の初期設定方法・手順を解説します。ePlugは、コンセントを挿すと自動でONになる家電のみスマート化できます。例えば、スマホの充電器、扇風機、卓上ライトなどが思いつきますね。

設定が完了するとできる事
アナログ家電をスマート化できる
タイマーやスケジュール設定で、家電を自動コントロールできる

ではさっそく見ていきましょう。

この記事の目次クリックすると該当箇所へ飛べます。

1.eHomeアプリからプラグを登録する

まずはeRemoteのアプリ「eHome」をダウンロードしましょう。以下からできます。

アプリでアカウント登録及びログインを済ませたら、ePlugを登録していきます。

ePlug(スマートプラグ)の初期設定方法

まずはeHomeアプリのホーム画面から、右上の「+」もしくは下メニューの「デバイス」からデバイスの追加に進みます。

一覧の中から、「ePlug C1」を選びましょう。

ePlug(スマートプラグ)の初期設定方法

アプリの指示に従い、プラグをWi-Fiと繋げます。注意すべき点は、スマホを2.4Gの回線にあらかじめ繋げておくというところです。

設定および利用する際の注意点

ePlugは2.4GHzにのみ対応しています!5GHzには未対応です。環境によって異なりますが、「Buffalo-A-✕✕✕」や「Buffalo-G-✕✕✕」のように『G』と『A』とある場合は『G』が2.4GHzとなっています。

自宅のWi-Fiのパスワードを入力すると、自動でセットアップが進みます。

ePlug(スマートプラグ)の初期設定方法

セットアップが完了すると、プラグの名前と使用場所を決める画面に進みます。分かりやすい名前にしましょう。ここでは「プラグ」としていますが、例えば間接照明を使うと決めている場合は「間接照明」などとつけることをお勧めします。(名前は後で変更可能です)

ここまでで設定はすべて完了です。

2.eHomeアプリからePlugを操作する

ePlug(スマートプラグ)の初期設定方法

eHomeアプリのプラグ操作画面がコチラ。シンプルですね。ご覧の通りタイマー設定も可能です。秒読みとは、カウントダウン機能。(タイマーと大差ありません)

ePlug(スマートプラグ)の初期設定方法

ONになっている時は、プラグのボタンがご覧のように赤っぽく光ります。OFF時は消灯するので一目で分かりますね。

この記事で紹介した商品はこちら

注目今1番オススメする記事

まだまだスマート化できるところはある

スマートスピーカーやIoTガジェット、デバイスなどを活用することで今までのライフスタイルが新しいものに生まれ変わるかも!smartioではいろんなシチュエーションやシーンに合ったスマート化を提案しています。お気軽にご覧ください。

Clickして記事を見てみよう

場所から選ぶ

自宅のここをスマート化したい!IoTで理想のスマートライフを

シチュエーションから選ぶ

自分の生活の中でもっと楽になるところはあるの?

生活シーンから選ぶ

ちょっとした事もIoTで簡単に解決できるかも

Follow usSNSでもスマートスピーカー情報を発信中