スマートスピーカーで今使っている照明・電気を音声操作する方法

音声操作の定番はやはり「照明を声で操作すること」ですよね。CMでもおなじみなので、印象も強いかと思います。

ここでは照明を音声操作する定番の活用法を紹介していきます。具体的には、①スマートリモコンを使う方法②スマート電球を使う方法

それぞれのメリットデメリットについて解説しますので、あなたの家に合った方法をお選びください。

照明をスマート化する2つの方法について

スマートリモコン/電球があればできること
その1スマートスピーカー非対応の今使ってる照明を音声操作できる
その2雰囲気に応じて、暖色、寒色、調光の切り替えができる
照明を音声操作できる

照明をスマート化及びスマートスピーカーで操作する方法は大きく3通りあるのですが、ここでは部屋のメインの照明をスマート化させる方法を紹介します。上の図の①と②に当たる部分です。

③は間接照明など、コンセント稼働するものに関する方法です。この方法に関してはこちら(スマートスピーカーで間接照明やキッチン用品を音声操作できるようにする方法)の記事をご覧ください。

スマートリモコンがあれば、いま自宅で使っている照明をそのままでスマートスピーカー経由で操作ができるようになります。照明を買い換える必要が無いのが魅力ですね。

一方スマート電球を使う方法では、電球を変えるだけでスマート化できるというカンタンさが魅力です。電球の種類によっては、暖色、寒色、調光の切り替えができます。部屋の雰囲気を時間や季節に応じて変えたい方にとっては魅力ですね!

照明の音声操作に必要なアイテム
スマートスピーカー
スマートリモコン
スマート電球

スマートスピーカーの音声操作でできるようになること

いまの照明をそのまま音声で操作できる

できることその1いまの照明をそのまま音声で操作できる

あなたの自宅にある照明のリモコンの役割を果たしてくれるのがスマートリモコン。自宅で使っているその照明のままでもスマートスピーカーに話しかけて操作できます。

いまの照明をそのまま音声で操作できる

スマートリモコンを使うので、元の照明がリモコン操作できるものでないといけません。ただし、スマートリモコンがひとつあれば、照明以外にも、テレビやエアコンといった家電もスマート化できます。家の中のスマート化を進めたい人はこちらの方法がオススメです。

スマートスピーカーで操作できるようになる内容は以下の通りです。

スマートリモコンを使った音声操作でできること
照明の操作 電源のON/OFF
明るさの変更(照度が変更できる器具に限る)
暖色、寒色、調光の切り替え

できることその2暖色、寒色、調光の切り替えができる

一方、スマート電球を使った方法がこちら。

スマート電球

家の中の一部の照明を手っ取り早くスマート化したい人はこちらの方法がオススメです。

さらに、選ぶスマート電球によっては、色温度や調光の機能もついています。時間や季節に応じて寒色と暖色を使い分けたり、夜が深くなったら明度を落としたり。これがひとつの電球でできるなんてとても便利ですよね!

具体的に色温度や調光変更機能のあるスマート電球は以下のようなものがあります。

Kasa スマートLEDランプ KL130
スマート照明Kasa スマートLEDランプ KL130
1%OFF Philips Hue ランプ
スマート照明Philips Hue ランプ
¥2,991¥2,960

活用シーン

  • 自宅の家電を確認

    外出した後に、家電をちゃんと消したかどうか不安な時に確認をする

  • ながらで操作できる

    急いで出かける準備をしている時でも「ながら」で電源をOFFにできる

スマートリモコンとスピーカーをセットした部屋を体験してみる

smartio3D

smartioが選ぶスマートリモコンの定番アイテムはこちら

SwitchBot Hub Mini
対応音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri
SwitchBot Hub Miniが定番の理由
POINT.1音声でも細かい操作ができる
POINT.2ほかのSwitchBotシーリズ製品と連携できる

SwitchBot Hub Mini(スイッチボットハブミニ)」は主要なスマートスピーカーとも対応可能なスマートリモコンです。壁掛けにもすることができ、見た目もシンプルで使いやすさ抜群のアイテムとなっています。

POINT.1音声でも細かい操作ができる

SwitchBot Hub Miniおすすめのポイント1

SwitchBot Hub Miniと音声アシスタントとの互換性は高く、音声操作でも細かい操作をすることができます。別のスマートリモコンによってはスマートスピーカーでは照明の電源ON/OFFしか操作できないものもありますが、これは明度の変更も可能です。

もちろん、照明以外のテレビやエアコンにも同様のことが言えます。これさえあれば、家の中のスマート化が一気に進みますよ!

POINT.2ほかのSwitchBotシーリズ製品と連携できる

SwitchBot Hub Miniおすすめポイント2

SwitchBotの強みは、デバイスのラインナップの多彩さにあります。例えば、SwitchBot Hub Miniと温湿度センサーを使うと、部屋の環境が設定した温度や湿度に到達したら自動でエアコンをONにする設定も可能。

GPSで家電を自動操作

夏場、室温が30度を超えたら冷房を自動で入れるなんてことが可能なのです!

他にもおすすめの活用法として紹介したいのが、SwitchBot Plug(スマートプラグ)と連携させ、毎朝6時半になったらこたつをONにするというもの。朝起きてすぐに温まったこたつに入れる幸せを手に入れられます。

smartioが選ぶスマート電球の定番アイテムはこちら

Kasa KL130
対応音声アシスタント
Amazon Alexa
Google Assistant
LINE Clova
Siri
Kasa KL130が定番の理由
POINT.1別売りのハブが不要。この電球だけでOK
POINT.2シーンを設定して簡単に調光できる

POINT.1別売りのハブが不要。この電球だけでOK

Kasa KL130がおすすめのポイント1

KASA KL130は、自宅のWi-Fiネットワークに直接接続します。専用ハブや余分な装置が不要です。これはかなり大きなメリットです。他社製品の場合、このハブに安くはないお金をかけなければいけませんからね。

POINT.2シーンを設定して簡単に調光できる

Kasa KL130がおすすめのポイント2

複数のシーンに合わせた設定をあらかじめ登録すれば、一括でシーンに合わせた色や明るさにまとめて変更できます。例えば入眠のシーンを作っておけば、すぐにその設定を呼び出せます。

さらにKL130はマルチカラーなので、寒色や暖色以外にもさまざまな色に変更できます。赤や青、紫など、突飛な色でパーティを盛り上げることもできますね!

smartioだったらこういう風にスマート化して使う

定型アクション

Amazon Alexaと連携をさせて「定型アクション」に毎朝や寝る前のルーティーンを登録して照明をまとめて操作する。「アレクサ、おはよう」で照明、テレビをONにして、今日の天気予報まで教えてくれるようにしておきます。

シーン調光

スマート電球のシーン設定で「映画」モードを作っておき、ひとことで簡単にホームシアターの雰囲気をつくりあげられるようにします。プロジェクターと合わせれば最高ですよね!

いまの照明を音声操作できるようにするならこれ NatureRemo Mini
スマート電球に変えるならこれ Kasa KL130

特集コンテンツ
売れ筋スマートガジェットランキング

smartioでみんなが買っているスマートホームガジェットをカテゴリー毎にランキング形式で紹介しています。

  • スマートリモコン部門
    SwitchBot Hub
    SwitchBot Hub Mini¥3,980
    いまの家電そのままでスマートスピーカーと連携して音声だけで操作ができる定番ガジェット
    Amazonで見る
    商品の口コミを見る
  • スマートプラグ部門
    Meross
    Merossスマートタップ¥3,184
    コンセント+USBポートが4つ!このスマートプラグだけで色んな家電をスマート化できる
    Amazonで見る
    商品の口コミを見る
  • スマートロック部門
    QrioLock
    Qrio Lock¥25,300
    玄関に取り付けるだけでスマホを持ってるだけでオートロック化、遠隔で解施錠が可能になる
    Amazonで見る
    商品の口コミを見る

特集コンテンツ
smartioが選ぶ買って正解のスピーカー

数あるスマートスピーカーの中から初心者向けのエントリーモデル、こだわりたい人向けのハイエンドモデルなど価格帯などからも買って間違いないスピーカーを紹介。

Amazon Echo Dot
初めての人向けのエントリーモデル部門
Amazon Echo Dot(3rd)¥5,980
Alexa搭載のスマートスピーカー。Echoシリーズの中でも最安値のモデルだが、基本的なことはすべてできるコスパ抜群の商品。
Amazonで見る
口コミを見る

注目今1番オススメする記事