スマートハブ内蔵のEcho Plusとスマート電球を繋げる方法

現在、Amazonでもスマート電球とのセット販売がされているように、家の照明を声だけで操作できるようにしたい方が増えてきています。スマートホーム化が進んでいる証拠ですね。

そこで今回は、スマートホームハブが内蔵されているAmazon Echo Plus(アマゾンエコープラス)とスマート電球を繋げる方法を紹介します。

1.スマートホームハブ内蔵のメリットは?

スマート電球と言えば、Philips HueIKEAのトロードフリ(TRÅDFRI)などが有名ですね。スマート電球を使えばリモコン操作ではない照明も音声操作ができたりと便利な使い方ができます!

ただ、中継機(ハブ)と呼ばれるアマゾンエコーなどのスピーカーと電球を繋げるデバイスが必要なんです。この設定が正直複雑だったりと手間がかかります・・・

ですが、Amazon Echo Plusなどのスマートホームハブが内蔵されているスピーカーを使えば設定も簡単でかなり便利なんです!なぜかといいますと、

スマートハブ内蔵のスピーカーの場合

このように、中継機(ハブ)を必要とせずに、スピーカーと直接電球を繋げる事ができるのです!それがスマートホームハブが内蔵されたスピーカーのメリット。もっと詳しく知りたいという方は「Amazon Echo Plusに内蔵されているスマートホームハブってなに?」こちらをご参考に。

中継機(ハブ)を買う必要も無くなるという点ともう一つは、設定がめちゃくちゃ簡単という点で優れています。では、代表的なスマート電球のPhilips HueとIKEA トロードフリの設定方法を見てみましょう!

2.アマゾンエコープラスとスマート電球を繋げる方法

2-1アマゾンエコープラスとPhilips Hueを繋げる方法

Philips Hueとアマゾンエコープラスを接続するのはとても簡単です。

Philips Hue

Alexaアプリ右下の『スマートホーム』のアイコンを選択したのちに右上の+アイコンをタップ、『デバイスの追加』を選択します。

Philips Hue

そしてセットアップする項目の中からPhillips Hueを選択し、デバイスを検出。

一つ気をつけてもらいたいのが、『デバイスの検出をタップしてからPhilips Hueを点灯させる』こと。そうしないと検出することができません!

以上で右上の画像のようにPhilips Hueが追加されます。たったこれだけでアマゾンエコーから操作が可能に!

ただこのままでは「2番目のライト」という名前で呼ばなくてはいけないので、名前を変えてみましょう!

Philips Hue

ここで設定した名前がアマゾンエコーに発話するときの名前です。ここでは名前を『ライト』と設定したので、『アレクサ、ライトをつけて』と話しかけると操作してくれます。

実際に試した動画をご覧ください。

今回はPhilips Hue Goという卓上のライトを使っていますが、Philips Hueと同じ設定方法なので安心してください!

動画でも見せていたように、ライトをつけるだけではなくライトの色を変えたり、照明の明るさを変更する事も可能です!色を変えるのはライトの性能によりますが、今回使用したPhilips Hue Goでは約1,600万色を表現する事ができ、電球タイプのPhilips Hue(ヒュー) シングルランプでも色を変える事ができます。

4月16日現在、Amazon Echo PlusとPhilips Hueのセット販売では、Amazon Echoの定価17,980円のままでPhilips Hueホワイトグラデーションランプ(定価3,337円)も手に入るのでお得です!

この記事で紹介した商品はこちら

2-2アマゾンエコープラスとIKEA トロードフリを繋げる方法

トロードフリをAmazon Echo Plusと繋げる方法は、Philips Hueとほとんど同じです。

Philips Hue

こちらも同様に、Alexaアプリの左上のメニューを開き『スマートホーム』にある、『デバイスを検出』を行います。注意点としては、デバイスを検出をタップした後にトロードフリを点灯させる事です。そうする事で正しく検出することができます。

もし正しく検出できなかったら、一度トロードフリの電気を6回ほどON/OFFを繰り返してみましょう!そうすることでトロードフリの設定がリセットされるため、繋がりやすくなります。

デバイスの検出ができたら、あとはPhilips Hueの時と同じように呼びやすい名前に変えるだけです!

実際に卓上照明にトロードフリをつけてみました!このように、音声でON/OFFを行う事ができるのですが、Philips Hueと異なる点は色を出す事はできません。ただ、照明の明るさを0%〜100%まで音声で指示することができますし、Philips Hueと比べても値段が安いです!

いかがだったでしょうか。今回見てもらったように、スマートホームハブが内蔵されているAmazon Echo Plusとスマート電球の組み合わせは簡単ですし、便利です!

ぜひAmazon Echo Plusとスマート電球の組み合わせを使ってみてはいかがでしょうか?

この記事で紹介した商品はこちら

注目今1番オススメする記事

ランキング一覧

スマートスピーカーを使った1番オススメしたい方法

スマートスピーカー比較

あなたにぴったりのスマートスピーカーが分かる!欲しくなる!

どのスピーカーがいいのか悩んでる方...

Smartio-store

Searchスマートスピーカーで出来ること・設定方法を検索




家電おすすめ記事